mokomoko

mokomoko

2017/06/07

人生2度めの運動会!

先週末、おときち人生2度めの運動会でした。


去年はまだ未満児クラスで訳もわからなく親子競技にチョロチョロ参加して終わりだったけど、今年はがっつりガチ参加のやつだった!


最初の開会式の行進と今時のドラえもんのダンスもちゃんと覚えてて踊れてました。


感心!あんな細かい振り付け、知らない間に覚えていたなんて。
しらなかったよ音吉さん。
成長だね音よ。


そして桃組メイン競技かけっこ!

保育園でも家でも“よーい!”のポーズや走りの練習を重ねた音吉さん!

なんと、


なんと、


フライングして堂々の1等賞!!!

マジか!!音よ!!!

フライングだめよは、覚えきれなかった!!!


さすが愉快なオモローな、おーちゃんはやってくれました。


人生2度めの運動会、良い思い出になりました。

真ん中の桃色帽子たちが音達のクラス。
ドラえもんダンス。

ちいこいバアも応援にかけつけてくれました。かけっこ後のどや顔の音。


おーちゃんと記念写真!



家に帰って、撮ったビデオで確認したところ、思ってた以上にもろフライングでした。

でも本人は、たいそう1等賞が嬉かったらしく、何度も見返しましたとさ。

おーちゃん、オモロー!!

2017/05/31

片桐はいりさんと夢のコラボレーションついに!

先日、ついに夢のコラボレーションが実現しました!

女優の片桐はいりさんと長井作品の夢の共演!
写真作品として撮影してきました。

はいりさんとは、Eテレの“時々迷々”という伝説の子供番組(めちゃシュール!)
で、お仕事ご一緒させていただいたのをきっかけに仲良くさせていただいてます。

はいりさん著書の“もぎりよ今夜も有り難う”の表紙も描かせてもらったり。
自分の中で勝手にはいりさんは長井作品の中で暮らしてる事になってます。
勝手にです!

なのでどうしても自分の画集にスペシャル企画としてお願いしたかったのです。
快くOKをいただき、時間かけて構想を練りに練りまくりで、ついに撮影に挑んできました。

撮影は晴れ、某イケてる古民家にて撮影開始。

自分でデザインした衣装を着たはいりさんを見て、心の中でよっしゃー!!!ガッツポーズ‼‼
私の想像以上にキメキメのはいりさん。
そしてステキ古民家とのミラクルマッチング!
これは神降臨だ!!!

でもって、いざ撮影が始まると、
さすが、プロの役者さんだと思いました。
表情や動きのセンスがすごい。
いい絵が次々撮れる。
みとれてしまって、ついつい拍手してた。
はいりさんの一人舞台みてるみたいだった!
や、当たり前なんだろうけど本当に感激しました。
プロってスゴいしさすが。

カメラマンはいつも撮ってもらってる
マウンテンの近藤信也氏!
はいりさんと息ぴったりにシャッターをきりまくる、こんどっち。

プロとプロのいい仕事をみた。

撮影終わって、こんどっちに緊張したねーー!!て聞いたら、
“大丈夫だったよ。(笑顔。)”って超冷静ー

自分だけが現場でテンパりまくって
あたふたピョンピョンしてた。
後で鏡みたら顔に謎のブチブチできてた。緊張で。
ダサい

撮影、無事に終わり今日からまたいつもの日常~~

長井作品に華をそえてもらったはいりさんには心から感謝です。

コラボ作品は秋にお披露目します!
是非楽しみにしていて下さい(°▽°)

秋の展示に向けて引き続きがんばります!


はいりさんと撮影終了後、記念にぱちり。

2017/05/06

梅星レポート 其の十

梅星レポート最終章です。


ついに明日がラスト。ほんとに!?
2ヶ月間の長い展覧会でした!


2ヶ月の間に季節はゆるりと流れ移り、昨日は端午の節句。

雪解けから梅のつぼみが膨らんで、桜が咲いて、雨が沢山降って、木々が芽吹く激動の流れ。
まさにドラマチック!
1番大好きな季節を展覧会にとじ込める事ができました。
気づくとあっという間の日々だけど、
いっこいっこ気づけばあちこち日々小さいドラマがあって、
忘れずに見逃さず、
記憶に残して行きたいなあと。思います。

んでわ、最後の梅星レポートです!

番外編として旅の思い出と一緒に。


“3びきのこぐま”

去年の発表会で“15ひきのこぶた”を演じた音吉さんを思い出して描きました。
劇場チックなダンチョウのとこは、昔の包装紙。包装紙とか紙とか色々コレクションがありその中から切っては貼ってはしてます。


半日の鹿児島観光!ここは、植物園のような場所。日本庭園があったりジャングル地帯があったり、わけわかんなくて楽しかった!


鹿児島お別れの空港。
沢山お土産買って帰りました。
空港の待ち合い室でトイレに行ったばあばを大声で探す音吉。
“ばあばー!どこー!”
“ばあばー!ばあばー!”
勢い余って、“ババアどこだー!‼‼”
と叫んでしまい待ち合い室で笑いが起きる。
あれは笑えた。
“ババア”は無事にトイレから戻ってきました。



鹿児島の市電にも乗ったよ。


いきなり遭遇の公園も堪能!


美しきギャラリーのオーナーの大城さん。
いつもいつでも美しい!

大城さんはじめ、ギャラリーのスタッフの皆様、展覧会を支えてくれてありがとうございました。
美味しいコーヒーとスイーツ、毎日手作りありがとうございました!
とてもとてもお世話になりました。
感謝!!

それから展覧会に訪れてくれた沢山の方々、
ほんとに本当にどうもありがとうございました!これは絶対に、

感謝感激雨あられ、梅星、おにぎり、桜、桃、
and モア‼‼


“梅☆星”

最後はこの子でお別れ!
金屏をバックに梅の花を持ってきまっています。

日本梅星物語、ついにクライマックス。
長い間どうもありがとうございました(^^)

この先も、夏が来て秋になって冬がきて。
梅星物語がずっとずっと続きますように。

私たちの暮らしが、
音吉の代もその次も次もまた次も、
豊かに実りあるものでありますように!

(°▽°)/
おわり

2017/05/02

梅星レポート 其の九

梅星ラストに向かい、駆け込み投稿です!


ゴールデンウィーク真っ最中。

新緑の季節、5月!

うちは普段通り。
今日も保育園!


昨日は音の好きなサーティワンを食べたり。

 音吉 “やっぱりサーティワンは1番美味しいよね~(ため息つきでしみじみ言う)、
でも高いから、音、あんまり食べられないの”

“サーティワンってさいこうだよね”

とか、もう役者か!て思う。
もう負けるわ~


でわでわ、其の九~~

“コーヒーカップ”

マグカップ好きな長井作品に欠かせないマグカップシリーズ。
描いたあと気がついたのは、ゲゲゲのめだまのおやじと、シチュエーション似てるわ!
(笑)
でも風呂ではないです。

“想像の葡萄”
“梅める”

小さなドローイングです。
小さなドローイングは1番即興的に描きます。
コンパクトで素材的にも即興が効くわけで、割りと音楽に近いです。
線を抜群の音的に引く感じ、
言葉で書くの難しいけど、感覚を研ぎ澄ます作業と共にのドローイングは、
やはし長井作品には必須です。


枯色とほんの少しの珊瑚色”

音さんの後ろにある作品です。
これは大学に行くとき通りかかる、
めちゃかっこよいとある場所を描きました。
畑か何かしたちょっとした空き地的スペースに手が加えられてその後放置されて自然が自ら活動して出来上がった植物たち。
抜群に綺麗な景色だったのでモデルに。

人の手で作られたものに、いい具合に自然や偶然が加わるとたちまち魔法的にいっこ飛び出す良さが出てくる事があって、
絵を作ってく時にもこの法則はあると思ってます。なので絵でも偶然できた事とか思いもよらないハプニングとか画面で起きるとラッキーです。美味しくそれも使います。



では、次回は最終回として、
また書きます(°▽°)/


2017/04/30

お詫び。。

先日、梅星レポート 其の七を、誤って削除してしまいました。。

ごめんなさい!

新幹線を待ってる際にチコチコ携帯でブログを書いていて、
新幹線が到着して乗ろうとして
保存しようとしたのに、どんな操作ミスか“其の七”を、削除してしまいました。。
これから読んで下さる方、何で“其の七”がないのか??と思われるかもしれませんが、こういう事でした。。
ドジですみません。

幻の“梅星レポート 其の七”は、
Mizuho Oshiro Gallery、展示会場で見られます(笑)
きっと、藤田さんがコピーしてくれています!

よろしくお願いしますm(_ _)m
気いつけます。

梅星レポート 其の八


梅星展もいよいよゴールデンウィークと一緒におしまいです!
ゴールデンウィークは今日から??

いよいよ、とうとうクライマックスです!

梅星展も最終日に近づき寂しいですが、
2017年はもいっこ!
展示をやります!
次は11月です。
2017 11月17日(金)~12月10日(日)

会期も決定したので遠方から来てくれる方の為にお知らせしたいです。
東京の六本木ヒルズでやります。
でもって。
ここで、画集販売します!
お待たせしてしまったやつです。
先日も打ち合わせなどをモリモリしてきた。

女優の片桐はいりさんとのコラボ企画もあり、
見応えある面白くて楽しい愉快な画集になればと張りきって絶賛制作中であります。

是非!

梅星展で作品を知ってもらった方にも見にきてもらいたいです。

画集と平行して作品制作もバシバシやってます。


では。梅星レポート書いてゆきます。

籠のクーハン”

クーハンの中に入ってる赤ちゃん
掛け布団は実在するヴィンテージの生地の柄を描いてます。
とにかくヴィンテージやら昔の物に想いを馳せる私ですが、昔の物には長い時間もそこに込められていて、そこも含めての存在感があるし、生き物感というか、本当にリアリティを感じます。なのでよくモチーフにします。
モチーフでもヴィンテージ物を描く!!と思って描くと絵にも時間が入る気がしてます。

“ももいろ”

ちいちゃくて映りこんでしまって見ずらい。。ですが。

これも琳派みたいな昔な日本を感じさせるやつ。
これは実体験をもとに。
ほやほや赤ちゃんと桜の下をベビーカーで散歩するのは一回の限定された季節だったのを思い出して。次の桜の時にはもうテクテク歩いてる。貴重な時間でした。


前回載せられなかったけど、ひいなあそびインスタレーションの全貌。
ハウスの上に乗ってるのは、音吉が生まれてくる前に作った新生児用の帽子。

白緑色の洋服”

これは自分で考えた洋服を着た、かつ、前回書いた箱入りりかちゃんを模して描いたものです。
自分で洋服を考えるのが好きで絵の中ではもちろん、実際のバービー人形の服とかも作ってます。そして、画集特別企画で、はいりさんをモデルに洋服を描くように作ってしまおうかと、只今制作中でもあります。
どんなことになるのか、私も、
分かりません!(笑)
こちらもお楽しみにです。


では、素敵なゴールデンウィークを!
連休中、たくさんお客さん見にきてくれますように(°▽°)/願い。





2017/04/18

梅星レポート 其の六

梅星レポート、其の六です!

藤田さんから、このブログの反響など教えてもらったので、嬉しく、また書きます!

梅星展のお供に読んでいただけてるとの事でお役に立てれて良かったです。


今年の春は、なんだか雨降りばっかりで、桜も散っちゃうし、なんだようって感じです。
昨夜の雨降りもなかなか凄くて嵐みたくなってた。

でも、雨は年齢とともに結構好きになっていて、季節の変わり目ごとに降り続け、景色を何度も何度もグレーズして、
次の季節に塗り替えられてくみたいな。
家々が洗濯されてるみたいな。
ドザーとふると気持ちが良い!

梅星展でもいっこ雨降りの作品が実はあります。

“5月の空模様”という作品。

これは旧暦に合わせた作品です。
端午の節句の事を描いてます。
昔はちょうど今の梅雨の時期に、端午の節句のお祝いが行われていたそうです。
鯉のぼりが有名なモチーフですが、
青空に泳ぐ鯉ではなく、雨降りの空を泳ぐ鯉だったんだとか。
それを知って、鳥肌ものでした。

なんて大人!めちゃめちゃかっこ良い!

雨降りを泳いで昇っていくと、
青空を泳いでくじゃまるで反対なのに。
私はがぜん、旧暦派!急いでパネル張りして描きました。


“5月の空模様”


全然、鯉感は、ないですが。
それはご愛嬌!
雨はペンで描いたりグリッターやシールや、キラキラしたビーズ?みたいなやつを付けてみたりしてます。



これは隅っこに並べられたおにぎり軍団。
会場にきてもらえた人は気づいてもらえたと思いますが、ひっそりこっそり並んでいます。

ここにも。
小さいおにぎりは全部で七個。
そうです、あの、ドラゴンボールと一緒です!(笑)願い事がかないますよふに。


でわ、また書きます(°▽°)/
いよいよ梅星展も後半戦!

けっぱれ梅星おにぎり展‼
(別名。本当は“日本梅星物語”展)

よろしくお願いしまーす!

2017/04/15

梅星レポート 其の五

梅星レポート、其の五!書いてゆきます。


なんと!

鹿児島の藤田さんより、衝撃的メールを頂き、なんと。この梅星レポートのブログが印刷されギャラリーのお客さんに読んでもらってるとの事でした‼‼

ええ!!!!
マジですか!
藤田さん!!
そんな新事実!
こんなにちゃらんぽらんな文章でどうもごめんなさい!

私の文章の方が、より作品が分かりやすいからとの事とのことでした。

そりゃそうだ、描いたの自分だし、自分以外伝える人おらん。
なので、其の五、いくです。

文章を上手く書く勉強を、
もっと学校で頑張ったら良かった。。

最近、ちょうど文章を書いていて、N瀬さんに長井さんの文章は、句読点が無さすぎて、読みづらい!とご指摘もらったので、句読点、

多目に、ゆきたいと、思い、ます!


国語のテストも全然だめだったなあ。。

作者の気持ちを答えなさいってやつ、作者じゃないから分からんし!て突っ込みして毎回ペケだったや(笑)。

とりあえず、自分なりに作品の解説です!


“掛け布団”


これはそのまんま、掛け布団の絵。

布団シリーズはよく出る作品です。

布団って1枚の絵だと思っていて、さらに暖かい欠かせない人間グッズ。
布団と聞くだけでこの安心感。
お布団シリーズは永久不滅!

“2月の夜”

この作品は、梅星展の制作に取りかかる際、
いちばん初めに描いた作品だったと思います

1年で一番寒い季節の、しかも夜の、
しかも外だし。
でもそんな、寒さや厳しい状況とか、極限までいくと、ふと鳥肌ものな事になると思います。極限ってある意味、奇跡的!

“しだれ梅”

これも奇跡的なシーンを描いたものです。

梅がちらほら、つぼみをつけてる枝に、
雪がまた降り積もる光景は、
美の究極ものだと思います。
この作品は、日本らしさをより入れたいと思い、鳩は実在する着物の素晴らしき刺繍をそのまま描きました。
女の子が着てるのはスキーウェア。
意外なものを組み合わせる事によって、
妙に説得力が出ると思っていて。
長井作品を描いてく上では、
そういったモチーフの選択は、
とても大切です。

と、あまり言葉で書いてしまっても、
つまらなくなってしまうかも。
私の、句読点少なめ、ちゃらんぽらん文章がちょうど良いかもです!




でわでわ、また書きます!

今日は土曜日なので遊びに、
行ってきまーす(^^)

みなさまも素敵な休日をお過ごしください!
(°▽°)/