mokomoko

mokomoko

2020/03/29

白い虎の物語

今日は、東京に朝から雪の贈りもの。

春の雪、ここまで綺麗なものを見たのは初めてかもしれない。


久しぶりに全人類が、文明社会が最強ではない。と知った時。
いったんものすごい勢いで文明社会は巻き戻しするかもしれない。


漠然と不安が続くけど、それでも毎日は続き明日はやってくる。
どんな時代でも芸術はなくならなかった。
こんな時にこそアートの大切さを信じます。
そして今、個展真っ最中という事にも使命を感じてます。

会場にいつ行けるか分からなくなってしまったので、桜林ギャラリーの石橋さんに作品の隅々までの写真をお願いして届けてもらっています。
いつもよりも画像増し増しで、沢山載せていきます!!
心の充電にしてもらえたら嬉しいです。


今日は、“白い虎の物語”という作品について、書きます。

これは、自分のおばあちゃんを描いた絵です。
神社で展示をすると決まった時に描きたかった絵。白い画面をながめてた時にまさに降臨してきた絵。ばあちゃんの生霊来てたんじゃない?!と思う絵。笑

実家の目の前にある神社に、毎日お参りをするばあちゃんを想いながら描きました。
庭の手入れをしながら、長ぐつはいてかっぽう着きてふらっとお参り。

どこまでもナチュラルにお参りへ。


5月のみどり眩しい光と、植物と、寅年でトラがとにかく大好きなひとりのおばあちゃんの物語です。


そんなおばあちゃんから電話で、“ばあちゃんは春が来てまた元気になった、この状況に負けたらいかんよ!がんばれよー!!”とエールをもらってしまった。
ついつい逆じゃないの!?と思ってしまう。
ばあちゃん最強説。人生の大大大先輩。戦後を生きぬいたばあちゃんはどこまでも強え。

神社、お参り、ばあちゃん、庭、植物、光=希望でしかない。



2020/03/24

“ しだれざくらと春を、”はじまりました。

激動の2020ねん。 

いろんな事がすごいスピードで動いていて大変な日々ですね、。

分かんない事が分かんなくて、その分かんない事が爆発してとてつもない渦になってる。

沢山の人が人の悪口をいって悪口が山盛りになったり、大人たちの勝手な理由が行き来して問題が大きくなったり、色々と悪循環が続いてる。
分からない事が本当にたくさん。もうたくさん。

それでも毎日、衝撃的なニュースが次々と目に映る。気が滅入る。




今までにない状況の中、個展がはじまりました。

今回ばかりは、見に来てください!とは大きな声でいえなかったです。

それでも作品が今まで以上にすばらしく感じられ、人が創り出すアートの力を思い知らされました。
いつも以上に外側から自分の個展をみれています。


こんな時にこそ、本当に大切なものがみえてくる。


今年のさくらは身にしみるなあ。

植物は、今の人類をどう思うかなあ。



さて、ここからどうする私たち。



ここは、まず当たり前をそうじゃないと考えて、
いつもどおりをそうじゃないと知り、
気にしてなかったことにこそ目を向けて。
人がそうしてるから、じゃなく自分自身とちゃんと向き合って。
そして、人の悪口をいわない。

この春休みは、じっくりじっくり考える時間にしたいです。



個展、茨城県の出雲大社の中にある桜林ギャラリーでやっています。

宮司が素晴らしいです。

アートが大好きで神社にアートを!と、ギャラリーまで作ってしまい、神社の境内にも今、長井作品が飾られています。

この事自体がとびきり究極なアートだと思ってます。
そして、まだまだ全然未熟者な自分の作品が境内になんて、、神さまごめんなさいっていう気持ち。


見に来てください!とは、言えないので、できる限り画像で伝えたれたらいいなと思ってます。
この発信を、必要としてくれてる人がいるかもしれないと信じて書きます。
自分の絵が少しでもお役にたてればと願ってます。
 

実際は、画像より何百倍も良いので、想像力高めでみてください!











2019/12/13

向こう側とこっち側。

展示が無事に終了しました!

今回も、海外からみに来てくれた方々や、国内遠方からの方々、もちろん関東の方々。


本当にありがとうございました!



子どもがぬりえをしてる時に“ふち”を越えて別世界がみえたことにより、今回のタイトルに辿り着く事ができました。 


そんな我が子は、今年の発表会を断固出演拒否!

練習もやりません!!


明日は本当ならば発表会当日。

もちろん練習を頑張って明日に挑む子ども達は素晴らしい。
お母さんもお父さんも先生達も子ども達も楽しみ、すてきな時間がきっとくる。 
間違いなし。

でも、みんなとは違う選択をした我が子も、間違いないよ、悪くない、正しくもない、どちらでもない!
ただそれを選んだ。

選択を、可能性を広げた事はまさに、ぬりえのふちがきえていくそのもの。

明日が良い日ならばそれでよい!

子どもは、色々な事を教えてくれてる。
大人になりすぎた自分を、ゆるやかにあの頃へ戻してくれる。



“ 向こう側とこっち側 ”

向こう側の世界とこちら側の世界、違う別の場所での暮らし、言語も、スタイルも考えも、あたりまえも、そうじゃない!も、違うかもしれないけど、いつかどこかでわかり合える、仲良しになれる瞬間がある。


今、自分達があたりまえと見渡してる風景も逆さまにしてみたり、一回まっさらにしてみるのも、とても良い方法なのではないかなーと思います。


アイデアはそれこそ無限に。


まだまだ見てみたいものが沢山ありすぎて。
また絵にしていこう!


それでは、またいつか!(・∀・)




2019/12/05

夢で逢ったよね。

“夢で逢ったよね” 

この作品は、タイトルどおり、夢で逢った絵を、そのまま描いたものです。


夢はわりとみるほう。怖い夢はあんまりみない。

空を飛んだこともあったし(必ず途中で飛べなくなるパターン)、大気圏突き抜けてものすごい大変な思いもしたし、UFOにだって乗った!

夢の中で展示の設営してて大変で大変で起きたときぐったりだった事も。

大変なことが多いな、、、(笑) 


何度も出てくる街、道、空間。

知らないけど行ったことがあって知っている場所。
言葉には変えられないあの感じ。
遠い記憶。思い出せない何か。自分じゃないような自分がいたりする夢の中。

そして音のない世界。無音。


子供が、“ 今日は、こんな夢をみてさ、ね、ママも出てきてたから、ママも知ってるでしょ??”て目をキラキラさせて言ってきて。

そうか、夢はみんなでみてるものだったりするのかな!??それは面白い!

 

夢って何ぞや!??



夢を体験するから、自分の世界が描けると思ってます。 


“ 行ったことはないけど、知ってる場所 ”


起きた瞬間、ほとんどが消えていく中、覚え続けたものは、絵に描いてます。




夢って何ぞや??


わからないからおもしろい!



2019/11/29

ぬりえのふちはきえていく。


“ Big Bear ”

長井作品は、とにかく多い!!
あきれるほどに多作!


そして画面の中でひしめき合うモチーフの数々。


たぶんその訳は、頭の中の宇宙が突如ビッグバーンを起こしたから。


それは、高校生の時、初めて長井家にインターネットがやってきたからに間違いないです。


それまでは、日々の暮しから、または本の中やマンガ、ゲーム、アニメから、直に手にとって触れながら頭の中は広がっていきました。


それが、いきなり白い箱ひとつで、どこでもドア状態。

狂ったように検索検索検索検索!

当時から好きだったBeatlesや、ヴィンテージのバービー人形やオモチャ、60年代のビジュアルを浴びた浴びた!



今でも、例えば、雪山なんて画像検索したりすると、色々な色の雪山が出てきます。
雪の色はそれこそ無限です。

場所によって、気候や天候、時間によっても様々!
ピンクの雪山も、ブルーもイエローも、グリーンの雪山もある。と、いうことが登山家でなくても知ることができました。

私の頭の中のふちは大きく膨張したわけです。



それから、なんと。“ Big Bear ”の瞳の中には、“ Bit Coin ”が入ってます!

ほんとにです。

2008年、地球にこのビットコインのアイデアが投下されました。
アイデアを元に実現化され翌年に完成したそうな。

ビットコインの仕組みであるブロックチェーンってまさに、

“ ぬりえのふちがきえるじゃん!”

と思いました。

インターネット上で、みんながそれぞれを管理するシステムです。

分かりやすいのが、ビットコイン。

それまでは、一部の権力がお金を管理、独占してたかもしれない。だけど、インターネット上でみんなで出入りを確認できて管理できたらいいよね。

まあ、今はいろんな不安なイメージのが強いかもしれないけど、始まりはいつもそうなんだって思います。

コーヒーや、チーズや、ウニを最初に見っけて食べた人を私は讃えたい! 


そしてこの中央集権的、じゃないアイデアが浸透したらなんて身軽な世界になるだろう。ワクワクでしかない。




自分は主に、超絶アナログな画家であるけれど、確かにテクノロジーと一緒に大人になり作家になってます。

一見繋がりはないかもしれないけれど無視はできない。

5歳でスーパーマリオと出会い、ゲームからインターネット、ブロックチェーンという思想から、沢山の刺激を受けてます。

果てしなく続くテクノロジーの進化には不安も沢山あるけれど、“ ぬりえのふちが何かを超えていくんじゃないか ”という遊園地のようなワクワクも感じています。



もしも、昔の画家達がインターネットに出逢っていたらどうだったんだろう。って妄想してみてもおもしろいです。













2019/11/26

北極の空におまじないを。


“ おまじない ”というタイトルの作品。

これは、北極圏を描いた作品です。




イヌイットの長老が、以前から
“ 空が変わった!”と、気候変動について警告していたそう。

実際に最近では、北極圏での磁極のズレが心配されているそうです。

地球は、磁石なんです。
(知らなかった!)

今、磁極が急にスピードを上げて移動し始めたんだそう。


地球温暖化に、気候変動、汚染、破壊、
何度も“ にんげんさま ”の勝手で傷ついた地球をいま一度、にんげんさまの目線をやめて見つめ直したい。


優しくしたいし、傷ついてるならば、
“おまじない”をしてあげたい。


おまじない、祈り、念力、想念。日々の暮らし。

無関心が1番いけないよね。


スマホの画面もそりゃ楽しいけど、空をみたり、自然にふれたり、再確認も今すごく大事!


道端に生えてる草だって、見慣れたいつもの風景も、奇跡が沢山集まったもの。

だって、本物の植物の緑の美しさには、いくらの名画も敵わないよ。


北極の空は想像だけれども、どうか、空が元気にもどりますように!!と、おまじないをかけながら描きました。



きっとイヌイットのみんなも毎日おまじないをしてるのだろうな。









2019/11/22

家って小宇宙ーーー。

“ 美しい宇宙 ” “ 家って小宇宙ーーー !” “ お月ちゃん ”

アトリエが天文台の近くにあります。

宇宙を毎日身近に感じながら暮らしています。なかなか良い感じです。

小さなころから、天体や星や惑星や、宇宙が!すごく好きです。

めちゃくちゃ未知で、分かんないすぎるから!
そして、自分の名前には2つの月が見ている。
月には意思があるような気がしてる。
自ら光ってないところが、実はステキ。

気になって気になって、見えないけれど、知らないけれど、なんだか知ったつもりになって描いた自分の中での宇宙系作品!!

家って小宇宙ーー!は、ひとりひとりの小さな惑星。星の王子さま。
みんなの愛する薔薇はどんな形でどんな色だろう。
この世界から切り取られたスクラップの山々。

お気に入りのマグカップにお茶をいれて、お気に入りの音楽をかけながら、絵を描いたり手芸をしたり。それが自分の小宇宙。
安心で安全な小さな惑星。

案外、宇宙のずっと先にも、テーブルがあって食卓があって。暮しがあったりするんじゃないかな??

なんて想いを馳せながら描いています!

    “家って小宇宙ーーー!”
      “お月ちゃん”
       “美しい宇宙”