mokomoko

mokomoko

2018/06/17

泥んこを体にすりこむのススメ

音(4才児)は、泥んこにまみれるのが大好きです。

水で土を軟らかくしてドロドロにして、服や体にすりこませます!
これでもかというほどに!!

服は泥んこの染め物のようになって、洗濯した後は、土いろに染まります笑

これが泥んこ遊びの染織や!と音に教えられた気がします。


先週、小山ギャラリーへ用事があって行った時のこと。
ふとスタッフさんと最近の子供の話になりました。

“今の子供、まずいよね、最初から最後まで液晶画面の中で完結してしまう。”


音もそうなんだけど、携帯だのiPadだのの動画!!

渡せば永遠に見るんじゃないのか。ってくらい夢中になってしまう。

何をみたがるかといえば、YouTube!!
YouTubeは、ラジオと音楽を聴く場と自分は聴くものにしてるけど、音は、他の人がオモチャで遊んだりする動画をみる。
人が体験してるのを、視覚的にみて体験してるともいえるのか。、
画面に食いつきながらみる。

こんなの生まれた時からあって、今の子供達は、大人になってゆく。


これは、人類の危機だ!!!と恐怖に怯えました。
今更気づくことでもないけれど。、

私達が子供の時は、小さな何でも映し出す液晶なんてなかった。
全てがちゃんと。三次元。

五感を使って三次元と向き合ってた。
自分の手でさわり、脳に伝達され体で学習した。怪我もたくさんして、覚えた。


こんなごくごく普通な事すら難しくなってる時代になってる。

偽りとは言わないけど、動画を、画面を見続けて、そのまま大人になったら、手足の感覚は、五感は、しっかり育つのか。備わるんだろうか。と思う。

これは、AIに侵略されるなんて言われてるのも有り得るぞ。、、


私は、子供には、ちゃんと物を触って、仕組みを目でみて。
自分の力で考える事ができる人に育ってほしい。

本物を見極める力をつけてほしいです。


新しい保育園の給食はとても素晴らしいです。
この前は、あじさいゼリーがおやつに出ました。

お母さんは、お迎えの時に今日の給食がディスプレーされていて見れます。

あじさいゼリーは、宝石みたいにキラキラしていて美しく、しばらくみとれてしまいました。

こんな美しいおやつを作ってくれてるんだ。すばらしすぎる。
おやつも毎日手作りです。

さっそくゼラチンを求めてスーパーへ!

音にあじさいゼリーを体験させたいと思い。二人で試行錯誤しながらあじさいゼリーを作りました。

音は、ジュースがゼラチンという粉を入れる事によって固まるという、不思議に目をキラキラさせました。


何でもそうで、物でありふれたこのご時世。すぐさま完成された物にありつく事ができてしまう。

一つの物をゼロから作り出す力こそ、最大級必要なことだと思います。


DIYなんて言葉が流行してるのは変な事だとオザケンも本で言ってた。
机だろうが、醤油だろうが、別に一から作ることは特別ではない。

まずは、目でみて触って経験して、自分の中に取り入れて、一からやってみる。
そんな体験をたくさんさせたい。

と、スマホが登場し、母となり。
思う今日この頃であります。


とうもろこしの皮をむく。
あの、冷たい葉っぱの手触りと、まだ緑な香りと、髪の毛のようなとうもろこしのひげは大人になってもずっと覚えてるものだ。

2018/06/15

電動自転車でどこまでも

すっかり梅雨が開幕!


6月に入って保育園が始まり。
しばらくはバスで通園しています。(今度の保育園がちと遠い!)


が!昨日ついに!ついに、あの未来の便利グッズみたいな。ドラえもんが出してくるやつみたいな!


電動自転車が届きました!!!


電気屋へとりに。電動自転車だから電気屋で買いました。自転車家にも売ってるけど。


東京に来て一番最初に異変に気づいたのが電動自転車!
東京のママさん達は電動自転車に乗って子を乗せて、どこまでも走ります。

子供乗せ専用の電動チャリだから、タイヤがちっちゃくて、どっしりしたタイプ。
みんなこのタイプに乗ってます。


最初にこの光景をみたときは、あのタイヤがちっちゃくて、どしっとしたチャリが流行っているのかと思ったくらい。
みんな乗ってる。

朝と夕方、子供をのせた電動自転車達が町中を走ります。


もっと面白い光景が、雨の日。

雨が降ろうと雪が降ろうと(は、まだみていない。)電動自転車は走ります。

子供が乗るところに、透明なビニールでできたドーム型の装置が装着されます!
これには、驚いた!ちょっと面白い。

小さなビニールのドームにくるまれて雨に濡れない子供。
ママ達はカッパでなんとかがんばる。


雨の日だろうが、嵐の日だろうが(嵐の日もまだみてない) 保育園がある限り、ママ達は電動自転車に乗って送り迎え!
母、強い、たくましい。


電動自転車なんて最近の出来事だろうに、ちょっと前のママ達はガチチャリで雨の日も保育園に向かったんだろう。

豊橋にいた頃とは、ちょっと違う風景。
場所が変わればライフスタイルも変わるんだなー。
ほとんどの保育園が車で送り迎えができなく、バスオアチャリ!
ペーパーの自分にはなんら関係はなく、もちろん再びチャリ!

昨日は、帰りにさっそくビニールドームで音をお迎え。
きゃあきゃあに喜びました。


この電動自転車でどこまでも走るぞ~~

(坂道もなんのそのだから、普通にどこまでも行けそう!未来の自転車すごい。)

2018/06/07

6月 新しい保育園とレモン色のキッチン

6月に入り、とうとう音さん、新しい保育園に通い始めました。

4月に引っ越してきたのに、なかなか保育園が決まらず。、
ようやく5月に申請を出して、今月から通い始めることが。

良かった。

きっと本人も、保育園に行くのなくなっちゃったの??と思ったよね、。


新しい保育園は、保育園自体も新しく、4月にスタートしたばかり。
年中さんは、6人だけのクラス。担任の先生は、さなえ先生(顔からしてもう優しい先生!)
制服もなくて、カバンも自由、上履きも履かずの裸足保育。

前の保育園とはガラリと雰囲気もちがくて。
なんだか、シルバニアファミリーの“森の学校”といったところ。

ステキな保育園に入れて良かった。


もう友達もできたそう。
良かった。音よ。


保育園ライフおもきし楽しんでね。


今週は慣らし保育で、今日はお昼寝までの3時まで。私は、展示も終わり、音も保育園に行くようになって、少しずつ制作モードな日々へ。

チワワずのふたりと一緒に日中は過ごしてます。


今日は、ひとりで近所を散策しました。
雨のあとの散歩は、緑の匂いがうまくて。

緑が沢山の豊かなところへ引っ越してきました。
植物園や、森林や、川に行ってみたり、住宅街の庭を拝見しまくったり。
それだけで、いくらでも絵になる。
絵が描きたくなります。

ここ数ヵ月ぶりに、制作モード再開で、制作欲が大爆発しました。
油絵に、水彩に裁縫や、立体も。
やろうと思います。

秋くらいにまたお披露目できるかと!

昨日からとりかかったもの。

前からレモン色のキッチンを描こうと思ってました。

2018/05/30

ももいろのアトリエ

ももいろ色と薔薇色のアトリエ 魔法

無事に会期終了いたしました。


約1ヶ月、長い期間の展示でした。

たくさんの来てくれたみなさま、どうもありがとうございました!


もう、展示のあのオープニングが遠い昔のよう。


トークイベントも2回やり、渋谷という場所で、多くの人に長井作品をみてもらえる展示になりました。


ふらっと入ってもらって、ツボにはまりました!て言ってもらえた方も!


この1ヶ月は、色々な人に会ったり色々な場所へも行きました。
すごく充実してたのか、間違えて、東京へ先々月に越してきました。とひとつき多く言ってた。、


子どもが、赤ちゃんからお子様に変身できたので、また東京へやってきました。
自分も30代後折り返しへ突入!早い早いまったなし人生よ。


いいタイミングで、過去作品と向き合う展示もできました。
初期の頃のキレキレなドローイングやペインティングも、沢山みることができました。
何も知らない美しさは強かった。


1回立ち止まって、深呼吸をし、今また新しい考えを持って、新作にとりかかっています。


ちょいと、またモリモリ活動ができればと思っています。


真の良いもの造り、納得いくクオリティ、ピシッと意識、適度な“ま”。
本当に見せたいこと。残したいもの。

意識高い系で。最高級な造りをしてゆきます。


ももいろ展での、DMにもなってた“ももいろのアトリエ”というタイトルの作品。

まさに、ナガイーランドが生まれてゆくアトリエをナガイーランドそのものを描いた作品。

自分が好んで良く描いてるモチーフが木にぶら下がっています。

マティスの絵の中に描かれてるモチーフがそのまま登場していたり。

赤い椅子はアトリエで使用してる椅子です。

バクがいるのは、絵を描いてるのは、夢をみてる時と似てるなあと思うので。
たまに夢の中でも作品を描いていて、きっとその時の絵も実際に描きおこしてます。

人間が絵を描くのは不思議だと思います。


赤いチリメンの生地と、異国の柄の絨毯、木にも絵柄が描かれています。
マティスと一緒で、布にある柄を画面に入れるのが好きです。

それから、アトリエでは、深入りのコーヒーを飲みながら。
真ん中の女の子は、マグカップを持っています。




でわでわ、展示は終わってしまいましたが、また書きます(^^)

2018/05/28

おしいれの中

ももいろ展、今日が最終日になります。


展示、何度もしているけど、最終日て、“終”ってつくとさみしいです。
だけど、何にでも終わりはある。


昨日は、会場にお昼過ぎから最後までギャラリーにいました。

日曜日だったので、偶然入ってくれたかたも多く、話しかけてくれる方も沢山いらっしゃいました。


今回は、イベントなどもあったり、次の打ち合わせやなんやら、もちろん制作もあったので、そんなに会場へは行けなかったです。心残り。


なので、昨日は行かれて良かったです。


韓国から、ももいろ展をめがけて来てくれた赤いお揃いのワンピースをきたお母さんと小さな女の子。

女の子は、なんと将来画家になりたいそう。ずっとにこにこして絵をみてました。
可愛かった。

私の作品集を持ってきてくれてて、サインを書くことができました。
作品集、カバーはもうなくて、何度も何度も見てくれてそうな、宝物のようにリュックにしまっていました。

こんなのは、ものすごく嬉しかった。


他にも、小中の同級生がサプライズで来てくれたり。
3回目来ました!!て美大生の女の子も。
はいりさんのマネージャさんも、もう一度来てくれたり。

ラストギリギリに、初期からの長年コレクターさんも来てくれて。
風邪が長引いてしまいようやく間に合ったと嬉しそうに話してくれました!


会場にいると、お客さんの顔がみられていいなあ。
素敵な日曜日でした。


作品紹介シリーズ、今日は、昨日も沢山お客さんと話題になったこの1枚!

これ、なんとタイトルが、“おしいれの中”

これは、今でもよく思い出すんだけど、まだ自分が保育園とか小さい頃。
小さな借家に暮らしてました。
大人になってからまた、借家を見に行ったら本当に小さな家だったんだけど。
そのおうちの、おしいれの中を思い出して描いたものです。


おしいれの中は、布団も洋服も入ってなくて、全部!おもちゃだったんです。


今でもよく覚えていて、もう崩れそうなくらいにぎゅうぎゅうに、おもちゃが入っていました。
また、自分が小さかったから、余計に、巨大なおもちゃのエベレスト級山とか、巨人にみえてた。

あのおしいれの中こそ、宝の山だったんだなあ。


その後、引っ越す時に父親に、許可なく何も聞かされず、全て処分されてしまって。
泣き叫び怒り狂ったのは、さておいておきます。。、

何にでも終わりが来てしまう現実を知らされた最初の出来事は、これかもな。笑


だけど、絵になったら永遠です。最強なんです。

おしいれの中

おしいれの中、まさに宇宙!
訳の分かることから分からない物までまさにカオス、パラダイス。おしいれ、最強。

2018/05/27

グリーンの部屋


先日、六本木complex665の合同オープニングに行ってきました。


オープニングだったので、各作家さんご本人もいらっしゃっていて。


小林正人さんは、お見かけするのは初めてだったのですが。

小林さんが、絵をみているお客さんに、ぼそっと、“六本木ってさ、嘘で塗り固められたような街じゃない?、だからさ、この絵を持ってきたんだよな。”
とおっしゃっておりました。


私は、それを隣で聞いていたのですが、鳥肌が立ちました。
あの絵をみながら小林さんの生の声が聞けたのがずっと頭に残りました。
帰りの電車とか。真っ暗な夜道の自転車でとか。


東京へ越してきてからもうすぐ2ヶ月。


最近も、なんだかんだ予定があり電車で都内に出かける日々が続いていたんだけど、なんだかものすごく疲れてしまって。

毎日、洪水が溢れかえるくらいに眠ります。


電車にのれば、街に一歩踏みいれば、どこもかしこも広告や人やビルやなんやらで視界が埋まり。


東京は特に映像の広告の多さ、ひどさ。


どっと疲れてしまう。


自分は遠視なんだけど、メガネは最近はしてかなくなりました。
よく見えない方がいい。遠くに見たいものがないから。


あまりの過剰な情報を視界からほぼ強制的にみさせられるので、一昨日はサングラスをして出かけてみました!

案外良かったです。効果のほど有り!
サングラス大作戦。


そんな苦労があり、自分なりにあがいたりしてるんだけど、最近コレクターさんからいただいた本を読んでいて、その内容が、とってもぐっときて、共感すごくして、気になる箇所を何度も見ているのです。


ヒルデガルトという昔を生きた、修道女の人のお話。


植物を研究したり、自然医療の祖でもあった人で、色々な分野で功績を残したとあります。


“庭が重要。生活の場として、天地創造を感じる場所として。”と書かれてる所。


まさに!!自分もそうだ!と思いました。


全てが、庭にある。


都会へ行く日の朝は、庭をいじってから、時間なくても庭を、薔薇や花、緑と土を眺めてから出かけます。

庭がないときは、でっかいキャンバスに庭をします。

庭をめでるいじる事は、生きる中で、重要だ!

色々な広告に、あの地下鉄に負けてしまわないように庭があるのだと思います。


小林正人さんの絵も、自分の絵たちも大都会の真ん中へ持っていった庭なのだ。と思いました。


大都会での“庭”も、あと3日で終わってしまいます。
今日は、最後の日曜日!なので会場へ向かおうと思います。

庭をめでてから、お昼すぎくらいから会場にいようと思います(^-^)

今日の一枚は、緑な作品を!

タイトルは、“グリーンの部屋”


これは、まさに庭です。

庭が部屋になってて、部屋が庭になっています。

緑な絵を描くときにいちばん気を使う、緑な色たち。ただ緑色を使うのでなく、より自然に近づけるための、混色をしています。
その方法は、秘密にしておきます。

でわでわ、また書きます(^^)/

2018/05/24

湖の中のベッド

東京ディズニーランドへ行ってきました!


夢の国、まさに。


人々を魅了し続けるウォルト・ディズニーの世界。
毎度いくたび、そらそうだわあ!と胸一杯になって思います。


たしか、前回は、京都の展示が終わったあたりに行って、イッツスモールワールドの舟の上で笑ってしまったのを思い出しました。
あんな規模なことは、ディズニーでしかできないんだろうなあ。と。


屋外のショーですら、あのクオリティを保ってやり抜くのって、普通ではそうそうない、できないと思う。


建物の劣化も見当たらなくメンテナンスも行き届きまくりで、全てがプロフェッショナル。

見せ方が完璧。完璧に完敗!!!

て、こんなランドの見方をしてる自分なんだいって。感じですが笑


素晴らしい、ディズニーランドは、人類最強の夢の国でありました。


そんな最強な世界をあびたので、夢の中で一生懸命、インスタレーションの設営をしてました。

雨の見せ方をどうしたら最高にできるのか、四苦八苦してて、夢なのに疲れました。
そう、ディズニーの雨の表現が、水とか、涙とかが、好きで。

それは、ジブリ映画でも同じで、すごく魅力的な表現です。
あの、涙や雨は、現実よりも本当ぽく、リアリティーが強烈。


作品紹介、今日はどうしようかな。


水の話がでたので、“湖の中のベッド”にします!

これは、2013年の作品。
小さな水彩の作品です。

これ、実はあまりない感じの作品です。
湖の上に浮かんでる女の子の絵なんだけど、真上から見下ろした視線で描かれています。

たまあに描きます。見下ろしてる構図。

水の絵はとても難しく、現象系の中でも難易度高し。

描ききる勇気と幸運もめっちゃいります。(ほとんど、一発勝負なところがあるので。油絵も同じ。)

その水シリーズで見下ろし構図は、これ1枚かもです。
他にあったかな。、

水面の波紋の具合、映りこみのようす、反射の光の具合。
これが、手に取るようにコントロールできて描ききる日がくるのだろうか。


画家は長い人生の中で、いつも、手探りに描いています。
きっとコントロールしきってかくことは生涯ないかな。

と、思います。


でわでわまた書きます(^^)