mokomoko

mokomoko

2018/12/30

村田朋泰さんのスタジオへ!!

先日、アニメーション作家の村田朋泰さんのスタジオへおじゃまさせていただきました!!


NHKの“森のレシオ”でもおなじみの村田さんのスタジオへ!!!!


クレイアニメーションなんて、もう本当に本当に大好きすぎる世界!!
スタジオに見学させてもらえる事になってこの日を楽しみに待っていました。


都内某所にある村田さんのスタジオ。
入っていきなり、今撮影されてるセットが!!!

8分の1だったかな。
ジオラマな世界がいきなり登場でハイテンションになってしまいました。


レシオファンの方々には申し訳ない、レシオに登場する人形たちも大切にしまわれてる箱から出して、みせていただきました!


画面の外からいつもみてたレシオやジャモンが、手のひらに。
めちゃめちゃ感動!!!

思ってたのより、大きかった!!

村田さんの造る人物の瞳の中には、花びらが入ってるのを教えてもらいました。
目玉も全て手作りだそう。
うっとりー、ほんとに目の中にお花があああ!!

顔、手足、洋服の細部まで本当によく作られている。

まぶたのパーツだってある。

花びらの瞳の中にはライトが入っていて、瞳が輝く!

これをコマ撮りで撮影して動かしている。
すごい、すごいよ、クレイアニメーションの世界。


他にも人形だけでなくて、セットから小さな小さなパーツまでスタジオで手作りで制作されていました。

思わず、“こ、ここで働きたいです!!”と叫んでしまった!

もしも、自分が社会にでて働くことになるなら、まさにクレイアニメーションの制作会社にいきたかったのでした。それくらい好きすぎる。


スタジオには、機材から素材から、ありとあらゆる道具がびっしり勢揃い。

村田さんは、気持ちさえあれば、何でもつくれますよって言ってました。


これぞ、まじで神!!


だって、自分で世界創造して、コマ撮りして、息吹き込んで、世界が動いてる。

世界を動かしているんだけど、最終的に、世界そのものが動いてる。そこに一つの時間がある。


村田さんは、“映画監督になりたかったけど色んな制約がでてくる、アニメーションだと全部自分でできるからいいよね。”とお話されているの聞いて、村田さん、神じゃん、、、と震えたのでした。


興奮気味に書いてしまいましたが、本当に本当に貴重な体験でありました。
ご本人からもたくさんステキなお話も聞けて嬉しかった。


クレイアニメや、実験的なアニメーションや、むかーしのチェコアニメなどに魅了されまくり。
村田さんのつくる世界もだし、それをみせてもらえるのは、ものすごく贅沢な事だと思います。

1秒つくられるにも、壮大な時間と労力がかかってるのが、スタジオからもすごく伝わりました。
それと同じくらい、楽しくて、時間なんて忘れて、アニメーションの世界にずっといる村田さんなんだろうなあ~と。




村田さん、スタジオのみなさん、見学させてもらえて感謝です。
ありがとうございましたー(°▽°)

新作の、“陸にあがった人魚のはなし”

こちらの作品もとても良いです。
音と一緒に、もう何回も観てます。
森のシーンがたまらなく良いっ!!!

2018/12/27

人生で初めての寄席へ!

先週末、桂枝太郎師匠の落語を聴きに、初めて寄席へ行ってきました!


年末で慌ただしく行き交う人々に(自分は個展終わり全然慌ただしくなく暇人)、年末感をあびて。


浅草演芸ホールへ!


名前はよく知ってる。

初めてひとりでチケットを買い、会場へ。


寄席のチケットって前売り券とかなくて当日券のみなんですね。
予約ってのが苦手な私にはとても分かりやすいシンプルさ!


会場に入り、満席に近かったけど、ど真ん中の前の辺りの席をゲット。
お客さん、お子さまからシニアさままで色々な層がぎゅぎゅうでした。


初めは、これまた人生初のウクレレ漫才!!

さみしい髪の毛を頭のてっぺんで結んでいらっしゃる鼻メガネみたいなおじさんによる自虐ネタのオンパレードを浴び。

こりゃすごい世界に来てしまったぞ!!
昭和のいつの日かにタイムスリップしたかのような。
不思議な時空のズレのような洗礼を受けて寄席デビューを飾りました。


落語だけじゃなく、漫才や、マジックまで楽しめます。

マジック、本当に目の前で見るのが初めてで、本当ーにどうなってるか分からなすぎて、“あ、あの人は魔法使えるんだな”って見てました。

マジックって何っっ!!??



そしていよいよラスト、大トリの師匠の登場!!!まってました!!


先月、海老原商店で私のインスタレーションの中で落語を披露していただいた時もど迫力ですごかったけど、伝統ある寄席の舞台の上の師匠は、かっこよかったでした。


プロフェッショナルてやっぱりすごい。


自分は、落語観賞だってど素人だけど、すごさはひしひしと伝わりました。


師匠の話し方、息の使い方、表情、会場の空気読みながらのその場のネタ、洗練されまくりな落語、どれもすごい。


どれもが、その時に作られるライブで、師匠のライブドローイングや!!!!
と、心の中で思いました。


高座が終わり幕がおりるまで、ありがとうございました!ありがとうございましたー!と最後まで頭を下げてた師匠。


落語の世界は、礼儀作法もすごく大切にしてるのがすごく伝わります。


そして師匠も他の落語家さんも漫才師さんも、自虐ネタを中心にしてる。

自虐ネタは大好きで、なのでお笑いが好きなのもあるんだけど、自虐ネタって究極に平和だと思う!!

自慢やへたなプライドこそが悪の始まりで、みんなが自虐で笑いころげてたらなんて簡単なことだろう!て思う。


寄席は幸せな時間をみんなで共有しあう、まるで天国みたいな場所でありました。


また、ふらりと遊びに行きたいです!!

寄席、観に行ったことないかたも、オススメです!!

2018/12/17

クリスマス発表会!!

展示が終わって1ヶ月、先週末、保育園の発表会が無事に終わりました!


ここ1ヶ月は、発表会へ向けてのもう練習の日々でした!


新しい保育園の第一回目の発表会!


年中の音達のクラスがいちばんお兄さんお姉さんです。
年中さんは、全部で6人!

はじめのことばから、劇、ダンスにハンドベル、歌、終わりのことばまで、怒涛の出演ラッシュでモリモリな発表会でした!!


全力投球で挑んでくれた音吉と、クラスのみんな達!!


もう、誉めちぎってあげたい、いつまでも!!


小さい子供たちの全身を使っての表現!!!

どんなアートもこりゃかなわないですね~。


ひとりひとりみんなが、スーパースターだった。

もう涙腺崩壊する前に頭がバグって処理しきれなくて爆発しそうになりました。
 


型にハマらない男児音吉!
今年も色々やってくれるだろうと期待大!!

予想を大いに超えてきてくれました。


劇は、“小人の靴屋” 音は小人役をやりました。
クラスの中でいちばん小さくてドマイペースな音。

セリフを見事にどわすれして、独特な間をつくりまくりで、あんなどえらい間を作り出して逆にスゴすぎる。。
他のみんなが一生懸命フォローしてくれてました。
みんな音に世話やいてくれてるんだろうな。ありがとうね。

セリフは、極小のつぶやきだったけど、歌になると大きな声で叫んでました。
歌ならいいみたい。いけるみたい。笑


ダンスは、“ソーランロック”!

音はリズム感がやたら良く、キレッキレなダンスを披露してくれました。
劇は微笑ましく、かなりふわふわな小人だったけど、ダンスはものすごかった!

凄すぎて驚きました。

歌も、一番大きな声で歌っていて、最後までもつか心配だったくらい。


去年は、ダンスの途中で集中力が途切れて舞台から飛び出していった音吉。
今年は、最多の4つの演目を演じきった!
4つとも、演技が終わり、そっこう舞台からどっか行っちゃった笑

みんながポーズを決めるなか、踊りきってさっさと舞台袖にはける音は流石でした。あれぞ音だと思いました。


先生も、最後までどうなるか心配していてくれたと思います。
演技が終わって自分は、頭がバグって呆然としてしまい、ちゃんと先生にお礼いえてなかった気がする。
今日お迎えに行ったら先生に改めてお礼を言おうと思います!


運動会の練習の時期もそうだったんだけど、今回の練習期間も、家ではチック症を炸裂させてました!(緊張やプレッシャーが重なるとなってしまう。)
いつも、そわそわしていて、今にもどっか飛んでいってしまいそうでした。


小さい身体全身で、練習を覚えてプレッシャーを抱えて、発表会をやりきった音吉は、最高にかっこ良いです。


音の莫大なエネルギーは、いつも自分にも入ってきて、お裾分けしてもらってます。
母は、これからもどこまでも、ついていくよ!


素晴らしい発表会をありがとう!!
引き続き、撮ったビデオを何度も観るよ音~!!

2018/11/19

さようなら10月の桜、またね!

昨日、無事に “100年と10月の桜”が終了しました。


終わってしまったー。


最初から最後まで、幸せな展示でした。


本当にありがとうございました。


まずは、見に来てくれたみなさま、海老原商店へ来てくれて、長井作品に囲まれに来てくれて、ありがとうございました(^^)


中には飛行機で駆けつけてくれた方々、新幹線や夜光バスに乗ってめがけて来てくれたみんな!本当にありがとうございます!


金土日オープンだったのでなかなか都合がつかず、だけど!何とかして来てくれた方々、

2回、3回見に来てくれた方々、

最終日になんとも美しい涙を流してくれた姉妹の女の子達。ものすごく感動してくれた。


本当に書ききれないくらい、たくさんの人々に届いた事が、作家として幸せでした。
作品達も立派な晴れ姿をみてもらえて良かったね。


そして展覧会を全力で作り上げてくれた関係者のみなさま、長井ワールドへ凄まじき光を放ってくれた桂枝太郎師匠!


本当にありがとうございました!!!!


平成最後に、こんなに素晴らしすぎる展覧会をする事ができて、嬉しすぎて、どうしましょう。
長井作品がこんなに愛される事が、本当に自分自身にとって究極の幸せです。


そして、そして!
海老原商店で展示をさせてくれた海老原義也さん!
こんなに素晴らしい機会をプレゼントしてくださり、本当にありがとうございました!

“海老原商店は、僕にとって宝箱みたいな存在で、本当に宝がつまった1ヶ月でした。”と、嬉しいお言葉をいただきました。


海老原商店が建てられて90年。

100年もその先も、ずっとずっと続いてほしいと、思ってます(°▽°)

海老原商店フォーエバー!!!


最後に、2階の机の上に置いてあった文章を、ここにも残しておきます。





100年と10月の桜


今は昔の先 10月の桜は昔も今も100年先も

海老原商店は、今から90年も昔に建てられました。


今回、ここ海老原商店で展覧会をさせていただけることになり、この展覧会タイトルをつけさせていただきました。


私たちは、気づいたらこの世に生まれ、自分がありました。
私たちが生まれるずっと前からこの建物はありました。
建物を支える木材は今よりみずみずしかったと思いますし、想像はしずらいけれど、新築でした。
長い年月を重ね、さまざまな人の生活を重ねました。
古い建物に入ると、ただ物質的な事を感じるのではなく、長い時間や、人の想いを含めて、その場の空気や人の人生を感じます。

柱や、床や、家具まで、自然にでた味わい深い木材のツヤは、それはそれは美しいです。
暮らしと年月があって生まれた輝きのように思えます。 


私は毎年、同じ頃に桜の絵を描いています。
自分が桜の咲く4月に生まれたこともあって、桜は特別な存在です。 
生まれてきて、初めて目にしたものが桜だったかもしれない。
この世で一番好きなものかもしれない。

桜が咲きだすと、自分もひとつ歳を重ねる。
桜の絵は、樹木の年輪を確認する儀式のように、おなじみな制作となっています。


海老原商店で展示が決まり、ここを訪れました。長い長い年月を感じたので、ここに合った展覧会をしたいと思いました。

ふと、“10月にも桜が咲いたらいいのに”と、思いました。
すぐに、調べてみると、10月にも桜が咲いておりました。
なんと!人知れず、ひっそりと!

忙しく慌ただしい私たちの時代。
ふと、意識をしないと色々な忘れ物をしてしまう今日この頃。

10月の桜のように、毎年そっと柔らかく咲く。
そして緩やかに続く丁寧な暮らしでありたい。
100年先もずっとずっと。



       2018年 10月 長井朋子






名脇役を演じてくれたみんな!
“やー終わってしまったね。”
“俺たちもいい味だしてたよなあ!”
みんな、おつかれさん!!
最後にみんなで記念撮影!!!

2018/11/13

三代目 桂枝太郎師匠の落語高座!

日曜日、待ちに待った、三代目 桂枝太郎師匠による落語の高座が行われました。


もーー楽しかった!


面白かった!!!


枝太郎師匠の話術の極み!!


すごい!!


会場のお客さん、雰囲気、アクシデント全てくまなく話に混ぜ混んで笑いにする。

師匠、まじでお師匠。笑いの神様みたいだった!!!!


落語は、古典落語の“ 死神 ”を。


すさまじき、ストーリーでした。
師匠オリジナルなオチも最強でした。
なんていう世界観なんでしょう、落語の世界。


私は一気に虜になりました。


トークでは、落語の世界が面白くて何本も聴いたことから始まり。
YouTubeで聴いたもんだから、師匠に怒られちまいました笑
急いで、初の落語は、海老原商店で聴こうと思いまして!!!と。とっさに言い訳を!笑


私の視覚的に表現しているのとはまるで反対側、聞き手の脳裏に想像力を働かせて物語の絵をゆだねるということ。
自分は、落語を聴くと頭の中で、カラーな絵巻物が浮かびます。それは、映像的でもあって、時々セピアカラー。

想像で浮かぶ絵は、人それぞれで、全く違うみたい。もちろん、落語家さんによっては、浮かぶ絵も違うそう。
興味深いなあー。
漫画や、墨絵が浮かぶ人もいるそう。



イベント終了後は、師匠とみんなでお食事会へ。

なぜ、今回、古典落語の“死神”が選ばれたのか、聞いてみました。


今回、枝太郎師匠の落語を海老原商店での展示で披露してもらったのも、場所がまず落語と相性が抜群だったので。それはそれは最高に良い雰囲気でありました。

そして、枝太郎師匠の伝統芸能でありながら、斬新な表現をするのが、私のエキセントリックな作風となにか共通するものがあるんじゃないか。といったところからでした。

最初に師匠とお会いした時は、新作落語で決めていたそうです。
だけど、落語会の数日前に展示を下見に来てもらって、予定は変更になり、古典落語になったそう。

死神になったのも、人形の首だけが置かれていたり、何か、一見してファンタジーな世界観から違和感を感じたからだそう。

私は、それを聞いた時に、流石であります!と師匠にお礼を伝えました。


長井作品は、可愛らしい世界なんだけど、どこか不穏だったり、さびしい感じ。儚さ。そんな事も沢山ふくまれてます。
それは、意識はしてなくて、画面に自然に現れるものです。


人の人生は、はかなくて切ないものです。

可愛らしさも、永遠的も、いつかは幻。

時に残酷です。

それも含めて、私は見たい今を画面に閉じ込めています。

そして、笑いこそ最強だとも思ってますから、どこか笑えるものでもあってほしいのです。

いつでもラフにクスクス笑っていたい!


死こそも、笑いにしてしまった落語の世界。
すごいなあ。恐れ入りました!!!!

死神のクライマックス、師匠が高座から落っこちた瞬間に、(本当に師匠は台から落ちました)
その瞬間、私は光がみえた気がしました。



枝太郎師匠、素晴らしい落語を本当にありがとうございました!!!

また、落語とアートのコラボレーションを熱望します!

年末に師匠がトリの寄席があるみたいだから、さっそく行ってみようと思います(^^)(^^)



来週末、いよいよ展示もクライマックスです。
儚い、さみしい。けど、笑って最後まで展示を見届けたいと思います。


最終日までどうぞよろしくです(°▽°)

枝太郎師匠の高座の様子。

最後に師匠と記念撮影!
師匠がNで、私がTだそうです笑
枝太郎師匠!Nが逆さまじゃん!!笑

2018/11/09

あっというまに、展示は進む!

100年と10月の桜が始まって、あっというまに折り返し地点もすぎて、会期もあと少しだけになりました。


ドタバタでオープニングを迎え、オープンすると、まあ!!びっくり。沢山の方々が来てくております(^^)(^^)


もう建物自体が素晴らしいので、建物と展示をダブルで楽しんでもらえる事になってます。

作品をお目当てに見に来てくれる人も、海老原商店の魅力にはまってしまう人が続々にです。

先週は、俳優の片桐はいりさんが見に来てくれましたが、“何ここ!素敵すぎる、そして長井さんの作品に囲まれてなんて幸せなんだ”と、何時間も過ごしてくれました!

はいりさん、いつもありがとう(^^)


そして、イベント第一段 “海老原写真館” では、沢山の方々に参加していただきました!
急きょ、リクエストにつき登場した、伝説のかぶりもの!
作品集にも載っているはいりさんとのコラボ作品で登場した、“ぬいぐるみヘッド”と“おかっぱ張り子”!

撮影会の参加者のほとんどの方が、onして撮影に!!素晴らしかったでした!!

作品が何点も誕生した特別なイベントになりました。


ご参加いただいたみなさま、どうもありがとう!!


手元にアルバムが届くのが待ち遠しい!
(自分もひっそり撮りました笑)


そして、今日よりまた3日間のオープンです!私は今日の夕方までと、日曜日に会場に行きます!


そして、いよいよ日曜日は!!


伝説のイベント第二段!!


なんと、なんと落語です!!!


あの!桂歌丸師匠の御弟子さん、三代目桂枝太郎師匠にお越しいただきまして、高座をしていただけることになりました!!


なんと!まさか!自分の作品の中で落語が聴けるだなんて夢にも思わなかった!!


最近は、もっぱら、レディオでなく、落語を聴いております。


落語の世界、面白い。


今まであんまり意識して聴いてこなかったけど、なんというファンタジックな世界。
想像でめくるめく世界へダイブ。
落語家さんの話術のセンスと技術がものすごい!!


長井ワールドの舞台へ枝太郎師匠をお招きし、今だかつてない落語をお届けできる日が、いよいよ明後日にやって参ります。

私も、気合い入れて落語会に参加したいと思います!!!


めちゃめちゃ楽しみすぎる!!


古典落語かな?新作落語かな??落語の前のお話、まくらも楽しみすぎるなあ~!!

落語会の様子はまた、ブログでもご報告します!



それでは、引き続き100年と10月の桜展示をどうぞよろしくお願いします(°▽°)

先週行われた写真館の様子。
長井コレクターの島田さん!
サンタさんは、いましたね。

長井作品のガチファンを名乗りでてくれている、カナさんの作った“くまさん”

展示の最初頃に来てくれて、数日で制作して持って来てくれました!!

めちゃめちゃいい顔してるう!
ありがとう(°▽°)嬉しかったです(^^)

2018/10/23

はじまりました! 100年と10月の桜


なんと、摩訶不思議。


今年は、異常気象が原因で、各地に桜が咲きだしてしまったみたい!
桜の木が、勘違いしてしまって桜を咲かしているそう!


なんと!


勝手に、私たちのしわざでしょうか??なんて思っています笑


先週金曜日より、無事に個展がオープンしました。
沢山の方に初日から来ていただけました!!


お馴染みの長井作品コレクターさま始め、遠くから、来てくれた方々どうもありがとう!!
色々な場所での告知をみて初めてみに来てくれた方たちも!


沢山、やばいやばい~!!って言っていただけました!(やばいは嬉しい誉め言葉 笑)


先週は、締め切りに集荷に、設営までのギリギリ制作、そして、設営に、オープニング!!
ジェットコースターみたいに全速力で駆け抜けました!

燃、え、つ、きたっ、、、!!!


設営を終えると、展示自体はこれからを迎えますが、作家はやりきった安心感と、達成感と、制作に終わりを迎え、しんみり、ちょっと淋しい感じ。

そして、はりきって魅せてこいよ!!とバトンを渡します。


あとは、作品と見てくれる鑑賞者にゆだねます。


海老原商店という、今と昔を生きる素晴らしい場所と、長井作品に囲まれて、不思議~な、感覚と、時間を過ごしていただきたい。


私が仕掛けた色々な、くすりと笑ってしまう事や、ハッとする事や、ドキリとする事など。など。

そして、実は究極の美しさとは何ぞやと求めさ迷う私の探し物を、一緒に探してもらえたら嬉しいです。


世界は、もっとずっと混沌と、エキセントリックに素晴らしいもので満ちています。


海老原商店での、100年と10月の桜、是非みに来てください。


みに来てもらって損はさせません!


ただ!ご注意ください!

期間中の、金曜日、土曜日、日曜日のみのオープンになります!

それではみなさま、来月までどうぞよろしくお願いいたします(°▽°)



“ 100年と10月の桜 ”

長井朋子個展「100年と10月の桜」を千代田区景観まちづくり重要物件「海老原商店」で開催いたします。
看板建築「海老原商店」を、文化・芸術による活動を通して広く、多くの方に直に体感いただき、建物 PRと維持、保存のお役に立ちたいという長井朋子が企画する、「桜」をテーマとした個展です。

期間:2018年10月19日[金]-11月18日[日](※金土日のみ開催)
時間:13:00 – 20:00
場所:海老原商店(千代田区神田須田町2-13-5)
入場料無料