mokomoko

mokomoko

2019/03/11

ザ・植物の教え!


夏にもブログでご紹介させていただいた、医療の世界とアートを結ぶ、スーパー・スーパーマンのような稲葉俊郎さんと、とってもかっこよい古来種野菜の流通のお仕事をされている高橋一也さんのトークイベントへ行ってきました。


先月は、アップダウンがなかなか大変で、たくさんの時間、アトリエで過ごしました。
漠然な不安が沢山で色々考えてました。

そんなタイミングで、友達と話をしたり、良い本を読むことができたり、子どもがヒントくれたり。稲葉さんのお話が聞くことができたりしています。

稲葉さんが、一つの全体の生命として命は全て繋がっているとおっしゃる通り、身近な自分の内側から起きる事も、同じ時をして色々とつながってる。
一瞬一瞬が必然的で、全てに意味があると思う。



先週のトークは、テーブルにすごくカッコ良い野菜達が並んでいました。


“古来種野菜”という野菜です。名前の通り、昔から継がれた種で作られた野菜。
名前からしてかっこよいし、姿もものすごく凛々しい。

昔から大切に継がれた種。それを守る大変さ、その貴重さ大切さ。


今生きてる私たちも同じで、先祖たちが繋いでくれた奇跡だと、それを忘れてはいけないと稲葉さんは始めにお話しされました。


色々、あらためて見直さないといけない事がやまもり。

どうしても、形や大きさで都合よく作らなければならない野菜。スーパーにキレイに順番通り並んでる。


病気になったら薬のんで治せばいいじゃん、切ったりはったりなだけの医療、。


故障したらまたすぐに買い換えたらいいや。安くて大量に物が売られてる。


なんだか、本当にライトな感じになってる事が多い。ライトすぎて、中身がすかすか。


電車にのれば不要な文字だらけな広告ばっかり。視覚的なノイズ。大量な物もノイズ。どこかバーチャルみたい。

そしてそれに何の疑問も持たない人が大半な現実世界。オーマイゴッド!!!


奇跡で生かされてる私たちの今をみて、繋いでくれたご先祖さま泣くと思う。


ふと、しっかり立ちどまって考える時間が必要なんじゃないかな。


植物はたくさん教えてくれる。


無機物、水、二酸化炭素から自分で生命してる!!これって改めてすごい、すごすぎる。


それをいただく、半自然的な動物。


だけど、稲葉さんは動物にも植物的な部分が多く内側で働いてるっていってた。


そこをちゃんと意識して感じることが大事だ。“ 見えないものに耳をすます ”


そしたら、街に溢れかえるライト群の軽さがよくわかる。

古来種野菜の種を守るように、繋げるべきものに力をいれる。


不要であるものはなくす!


みんなで農業やるのも良いと思う。無農薬で不揃いの野菜ばっかりがいい。


実際に、古来種野菜の色々をワンプレートで頂きました。


なんて、うまい!!!


味付けは塩少しと味噌のみ。
そのものの味が濃く、密度がやたらすごい。自分の中の植物的な臓器が反応して、共鳴してたわあ。。庭いじりしてるあの感じ、土のいいにおいのあの感じ。忘れかけてる何かがカムバックしてきてくれる感じ。


良いものって何でもしっかりとした重力を感じる。



昨日は、たくさん雨が降った。あれから8年が経った。


今日は畑はないけど、庭で植物に触れて過ごしたいです。

色んなこと勉強して、ちゃんと行動できる人になりたいなあと強く思います。



稲葉俊郎さんの本もどれもが素晴らしいです。超おすすめしたいです!

2019/03/09

みんなが、アーティストであってほしい

音と商店街のお祭りに出かけたら明日だった。。
お祭りのわりになんもないお祭りだねーと思ったら明日だった。。。

ドジ・オブザチャンピオン 殿堂入り、ずっと。、、すまん音よ。


“世界のビジネスリーダーがいまアートから学んでいること”という本を読みました。

アートコレクターでも有名な笹川直子さんがご紹介されていた本で、読んでみたい一冊でした。

面白かったです。

アーティストの一員として、大変勇気付けられた一冊でした。

タイトルの通り、世界ではアーティストの重要性が再確認されているそう。
企業とアートがタッグを組めばすごくよい相乗効果が起きるそう。

きっとそれはもっともっと、社会が気づいてくれてくんじゃないかと思うと、嬉しい。

アーティストの生み出してるものは(絵描きもミュージシャンもあらゆるアート)は、作品としての物質だけでなく、ただの絵空事でもなく自己満足でもなく、生きていて感じてるリアルそのものな事にもっと沢山の人に気がついてほしい。

ちゃんと向き合ってほしい。

ちゃんと話を聞いてほしい。

時間をもてあそぶ暇人変人のお遊びなんかじゃないと本当は叫びたいところ。

本には、実際にアーティストの感性の大切さがたくさん書かれていた。

大昔に宗教が、文字が読める学者たちだけの独断的な解釈だけで大衆に広まったというのを聞いた事がある。
だから、すごく窮屈な解釈になってしまったとかしないとか。
もし、学者だけでなく、色々な角度から物事を観察するアーティストが加わっていたら世界の歴史はまるで違ってたんじゃないかなと思いました。

人は見える物だけに囚われすぎてる気がします。
子どもは、見えないものに敏感で想像力も無限大。

幼児教育は素晴らしいのに、小学生になるとみんな同じ箱に入って同じ事を同じように学ぶ。

数学を、方程式を学ぶ。
数学の先生は一つの答えだけに丸をつける。

数は人が作ったんじゃない、そこにあったものをあとから人が見つけただけのもの。あたかも人が先。人が世界の全てを知ってるかのように。

私たちは何も知らないのに。

1+1は2だけじゃないと思うし、
X=∞だと思う。

答えが無限だったのに、一つだけにされてしまい、それが正しいとされてしまう。

小さい頃、イチゴをみて、なんでこれはイチゴなんだろ?本当にイチゴはイチゴなのかな。イチゴイチゴイチゴ…と頭のなかでグルグルになって迷子になった事がありました。

ハテナが山のようにあったけど、母親がいつでも答えは一つでないことを見せてくれてたと思います。

いまでもよく覚えてるのが、ホットケーキを焼くときにいつも丸だけでなく、くまの形や、うさぎや色々な動物に焼いてくれました。
ホットケーキが丸いだけでなく、ホットケーキがくまで、うさぎ。
くまもうさぎも、ホットケーキ。

色々な物を拾ってきては、(当時は粗大ゴミは普通に捨てられてた)色々な色にペイントしてたりしました。

ゴミ捨て場を“宝の山”だといってました。
ゴミは宝でもあって、宝はゴミでもある。

多分、母は何も意識せずと普通にこれをしてました。(今もなお)

だから私は母に救われたと思ってます。

アーティストは限られた一部の
人でなく、全ての人がそうであるべきと思います。

分かりやすくジャンル化された世界だけど、みんなが得意分野で、プラス創造的になったら最強、世界がものすごいワンダーになれると思いました。

一度、子どもに大人みんなが小学校してもらったらいいかもしれない。
と、思いました。

世界がもっともっとクリエイティブで溢れますように、祈り!(特に日本よ!もっと気合いいれてこうぜー!)

2019/02/09

英会話教室でのハプニング!

新しい年になって一月が過ぎてもう2月になってる!?
時間、はやすぎてついてけず!!

最近は、制作と子育てが半々くらいな毎日。

子育ては5年目だけど、毎日が新しい事ばかりで修行の身です!

正月に5歳になった音。絶賛、問題児として活躍中!

家でも外でも、歌いたいときに歌い、踊り、叫び、走り、泣きたい時はずーと泣く。

音の中の独特なリズムがあるっぽい。

ロックンローラーみたいな子ども。



年末から先月にかけて事件が!!

通ってる英会話教室。
グループレッスンから、外されてしまいました。。

“おときち君はプライベートレッスンの方が伸びると思いますよ♪”と事務の方から告げられ。。

とっさに、ああ、他の保護者からクレームが入ったなと分かりました。

自由まくりな音がグループレッスンを乱す邪魔者とされたんだな。と、
絶望すぎて落ちました。。

毎週お友達とのクラスを楽しみにしてたのに、なんて言ってあげたら、、。

音には、お友達が英会話辞めちゃったみたい。音も辞めちゃおうか??と言うことしか考えられなくて。

だけど、音は、“辞めないよ!
だって先生が好きだし楽しいからね!”と言ってきました!

予想外な意見すぎて、衝撃的!!!

毎回教室で走り回ったりしてて、本当は英会話やりたくないんじゃないかとか、先生も音が大変なんじゃないかとか、。
ネガティブな方向にしか考えられなかった。、

だけど、音の意見を尊重して英会話を続行!
プライベートレッスンが始まりました。

ある日のレッスン終了後、音の中の順番が崩れてしまって泣き出してしまった。。
(私は音がこうなったら泣き止まない、家に帰って泣かそうと連れて帰ろうとした。)
したら、英会話の先生が音を抱きしめてそのまま歌を歌ってくれた。

30分くらい泣き止むまでずっとずっと。

一瞬何が起きてるか分からず。

ハリスン!!(英会話の先生がジョージハリスンみたいだから心の中ではハリスン)

ハリスン、なんと優しいハリスン。

先生とは、送り迎えの挨拶くらいで、先生は日本語をしゃべらなく、あまり交流がなかった。、

先生は、“私は音が大好きなん。音は、授業中もいつでもちゃんと聞いてる(聞いてないようにみえても)ちゃんと理解できてる。すごくスマートな子だよ”

と教えてくれました。

もう、私が泣けて泣けてプチパニックになってしまい。
ぼろくそに泣いてました。

先生に、音がグループレッスンを外されて、すごくショックでネガティブな方向にしか考えられなくて。英会話めっちゃ嫌いになってて、本当は、辞めるつもりだった事も伝えました。、

それも分かってくれてて、ノープロブレム!また来てくれてありがとう!と言ってくれました。

音が先生が大好きなのも良く分かって、二人の間に特別な絆があった。
私はなんも見えてなかったんだな。

みえてる表面の一部だけで判断しちゃだめだ。ちゃんと見えないところも見ないといけない。色々な角度から物事を考えないといけない。

英会話教室の事務の方や、保護者の人を嫌な気持ちでみるのをやめようと思いました。


世の中色々な考えや意見があって対立がある。
いつまでたっても平和になれない。

うまく真ん中をとって調和をしてかないと。

個人レベルだけど、自分でやれることをやらないとだめだ。
無関心はもっとだめ。

子どもって本当に色々教えてくれる。
ケンカになってバトルっても少ししたらすぐ笑ってたり。

本当はみんな仲良し!!
比べるのも非難もなし!!!


その後、おーちゃんに、“すごいね、英語分かるんだねー!!”と聞いたところ、“おーちゃん、英語ぜんっぜん分かんないよ~♪”と言ってました。

がびーん。

2018/12/30

村田朋泰さんのスタジオへ!!

先日、アニメーション作家の村田朋泰さんのスタジオへおじゃまさせていただきました!!


NHKの“森のレシオ”でもおなじみの村田さんのスタジオへ!!!!


クレイアニメーションなんて、もう本当に本当に大好きすぎる世界!!
スタジオに見学させてもらえる事になってこの日を楽しみに待っていました。


都内某所にある村田さんのスタジオ。
入っていきなり、今撮影されてるセットが!!!

8分の1だったかな。
ジオラマな世界がいきなり登場でハイテンションになってしまいました。


レシオファンの方々には申し訳ない、レシオに登場する人形たちも大切にしまわれてる箱から出して、みせていただきました!


画面の外からいつもみてたレシオやジャモンが、手のひらに。
めちゃめちゃ感動!!!

思ってたのより、大きかった!!

村田さんの造る人物の瞳の中には、花びらが入ってるのを教えてもらいました。
目玉も全て手作りだそう。
うっとりー、ほんとに目の中にお花があああ!!

顔、手足、洋服の細部まで本当によく作られている。

まぶたのパーツだってある。

花びらの瞳の中にはライトが入っていて、瞳が輝く!

これをコマ撮りで撮影して動かしている。
すごい、すごいよ、クレイアニメーションの世界。


他にも人形だけでなくて、セットから小さな小さなパーツまでスタジオで手作りで制作されていました。

思わず、“こ、ここで働きたいです!!”と叫んでしまった!

もしも、自分が社会にでて働くことになるなら、まさにクレイアニメーションの制作会社にいきたかったのでした。それくらい好きすぎる。


スタジオには、機材から素材から、ありとあらゆる道具がびっしり勢揃い。

村田さんは、気持ちさえあれば、何でもつくれますよって言ってました。


これぞ、まじで神!!


だって、自分で世界創造して、コマ撮りして、息吹き込んで、世界が動いてる。

世界を動かしているんだけど、最終的に、世界そのものが動いてる。そこに一つの時間がある。


村田さんは、“映画監督になりたかったけど色んな制約がでてくる、アニメーションだと全部自分でできるからいいよね。”とお話されているの聞いて、村田さん、神じゃん、、、と震えたのでした。


興奮気味に書いてしまいましたが、本当に本当に貴重な体験でありました。
ご本人からもたくさんステキなお話も聞けて嬉しかった。


クレイアニメや、実験的なアニメーションや、むかーしのチェコアニメなどに魅了されまくり。
村田さんのつくる世界もだし、それをみせてもらえるのは、ものすごく贅沢な事だと思います。

1秒つくられるにも、壮大な時間と労力がかかってるのが、スタジオからもすごく伝わりました。
それと同じくらい、楽しくて、時間なんて忘れて、アニメーションの世界にずっといる村田さんなんだろうなあ~と。




村田さん、スタジオのみなさん、見学させてもらえて感謝です。
ありがとうございましたー(°▽°)

新作の、“陸にあがった人魚のはなし”

こちらの作品もとても良いです。
音と一緒に、もう何回も観てます。
森のシーンがたまらなく良いっ!!!

2018/12/27

人生で初めての寄席へ!

先週末、桂枝太郎師匠の落語を聴きに、初めて寄席へ行ってきました!


年末で慌ただしく行き交う人々に(自分は個展終わり全然慌ただしくなく暇人)、年末感をあびて。


浅草演芸ホールへ!


名前はよく知ってる。

初めてひとりでチケットを買い、会場へ。


寄席のチケットって前売り券とかなくて当日券のみなんですね。
予約ってのが苦手な私にはとても分かりやすいシンプルさ!


会場に入り、満席に近かったけど、ど真ん中の前の辺りの席をゲット。
お客さん、お子さまからシニアさままで色々な層がぎゅぎゅうでした。


初めは、これまた人生初のウクレレ漫才!!

さみしい髪の毛を頭のてっぺんで結んでいらっしゃる鼻メガネみたいなおじさんによる自虐ネタのオンパレードを浴び。

こりゃすごい世界に来てしまったぞ!!
昭和のいつの日かにタイムスリップしたかのような。
不思議な時空のズレのような洗礼を受けて寄席デビューを飾りました。


落語だけじゃなく、漫才や、マジックまで楽しめます。

マジック、本当に目の前で見るのが初めてで、本当ーにどうなってるか分からなすぎて、“あ、あの人は魔法使えるんだな”って見てました。

マジックって何っっ!!??



そしていよいよラスト、大トリの師匠の登場!!!まってました!!


先月、海老原商店で私のインスタレーションの中で落語を披露していただいた時もど迫力ですごかったけど、伝統ある寄席の舞台の上の師匠は、かっこよかったでした。


プロフェッショナルてやっぱりすごい。


自分は、落語観賞だってど素人だけど、すごさはひしひしと伝わりました。


師匠の話し方、息の使い方、表情、会場の空気読みながらのその場のネタ、洗練されまくりな落語、どれもすごい。


どれもが、その時に作られるライブで、師匠のライブドローイングや!!!!
と、心の中で思いました。


高座が終わり幕がおりるまで、ありがとうございました!ありがとうございましたー!と最後まで頭を下げてた師匠。


落語の世界は、礼儀作法もすごく大切にしてるのがすごく伝わります。


そして師匠も他の落語家さんも漫才師さんも、自虐ネタを中心にしてる。

自虐ネタは大好きで、なのでお笑いが好きなのもあるんだけど、自虐ネタって究極に平和だと思う!!

自慢やへたなプライドこそが悪の始まりで、みんなが自虐で笑いころげてたらなんて簡単なことだろう!て思う。


寄席は幸せな時間をみんなで共有しあう、まるで天国みたいな場所でありました。


また、ふらりと遊びに行きたいです!!

寄席、観に行ったことないかたも、オススメです!!

2018/12/17

クリスマス発表会!!

展示が終わって1ヶ月、先週末、保育園の発表会が無事に終わりました!


ここ1ヶ月は、発表会へ向けてのもう練習の日々でした!


新しい保育園の第一回目の発表会!


年中の音達のクラスがいちばんお兄さんお姉さんです。
年中さんは、全部で6人!

はじめのことばから、劇、ダンスにハンドベル、歌、終わりのことばまで、怒涛の出演ラッシュでモリモリな発表会でした!!


全力投球で挑んでくれた音吉と、クラスのみんな達!!


もう、誉めちぎってあげたい、いつまでも!!


小さい子供たちの全身を使っての表現!!!

どんなアートもこりゃかなわないですね~。


ひとりひとりみんなが、スーパースターだった。

もう涙腺崩壊する前に頭がバグって処理しきれなくて爆発しそうになりました。
 


型にハマらない男児音吉!
今年も色々やってくれるだろうと期待大!!

予想を大いに超えてきてくれました。


劇は、“小人の靴屋” 音は小人役をやりました。
クラスの中でいちばん小さくてドマイペースな音。

セリフを見事にどわすれして、独特な間をつくりまくりで、あんなどえらい間を作り出して逆にスゴすぎる。。
他のみんなが一生懸命フォローしてくれてました。
みんな音に世話やいてくれてるんだろうな。ありがとうね。

セリフは、極小のつぶやきだったけど、歌になると大きな声で叫んでました。
歌ならいいみたい。いけるみたい。笑


ダンスは、“ソーランロック”!

音はリズム感がやたら良く、キレッキレなダンスを披露してくれました。
劇は微笑ましく、かなりふわふわな小人だったけど、ダンスはものすごかった!

凄すぎて驚きました。

歌も、一番大きな声で歌っていて、最後までもつか心配だったくらい。


去年は、ダンスの途中で集中力が途切れて舞台から飛び出していった音吉。
今年は、最多の4つの演目を演じきった!
4つとも、演技が終わり、そっこう舞台からどっか行っちゃった笑

みんながポーズを決めるなか、踊りきってさっさと舞台袖にはける音は流石でした。あれぞ音だと思いました。


先生も、最後までどうなるか心配していてくれたと思います。
演技が終わって自分は、頭がバグって呆然としてしまい、ちゃんと先生にお礼いえてなかった気がする。
今日お迎えに行ったら先生に改めてお礼を言おうと思います!


運動会の練習の時期もそうだったんだけど、今回の練習期間も、家ではチック症を炸裂させてました!(緊張やプレッシャーが重なるとなってしまう。)
いつも、そわそわしていて、今にもどっか飛んでいってしまいそうでした。


小さい身体全身で、練習を覚えてプレッシャーを抱えて、発表会をやりきった音吉は、最高にかっこ良いです。


音の莫大なエネルギーは、いつも自分にも入ってきて、お裾分けしてもらってます。
母は、これからもどこまでも、ついていくよ!


素晴らしい発表会をありがとう!!
引き続き、撮ったビデオを何度も観るよ音~!!

2018/11/19

さようなら10月の桜、またね!

昨日、無事に “100年と10月の桜”が終了しました。


終わってしまったー。


最初から最後まで、幸せな展示でした。


本当にありがとうございました。


まずは、見に来てくれたみなさま、海老原商店へ来てくれて、長井作品に囲まれに来てくれて、ありがとうございました(^^)


中には飛行機で駆けつけてくれた方々、新幹線や夜光バスに乗ってめがけて来てくれたみんな!本当にありがとうございます!


金土日オープンだったのでなかなか都合がつかず、だけど!何とかして来てくれた方々、

2回、3回見に来てくれた方々、

最終日になんとも美しい涙を流してくれた姉妹の女の子達。ものすごく感動してくれた。


本当に書ききれないくらい、たくさんの人々に届いた事が、作家として幸せでした。
作品達も立派な晴れ姿をみてもらえて良かったね。


そして展覧会を全力で作り上げてくれた関係者のみなさま、長井ワールドへ凄まじき光を放ってくれた桂枝太郎師匠!


本当にありがとうございました!!!!


平成最後に、こんなに素晴らしすぎる展覧会をする事ができて、嬉しすぎて、どうしましょう。
長井作品がこんなに愛される事が、本当に自分自身にとって究極の幸せです。


そして、そして!
海老原商店で展示をさせてくれた海老原義也さん!
こんなに素晴らしい機会をプレゼントしてくださり、本当にありがとうございました!

“海老原商店は、僕にとって宝箱みたいな存在で、本当に宝がつまった1ヶ月でした。”と、嬉しいお言葉をいただきました。


海老原商店が建てられて90年。

100年もその先も、ずっとずっと続いてほしいと、思ってます(°▽°)

海老原商店フォーエバー!!!


最後に、2階の机の上に置いてあった文章を、ここにも残しておきます。





100年と10月の桜


今は昔の先 10月の桜は昔も今も100年先も

海老原商店は、今から90年も昔に建てられました。


今回、ここ海老原商店で展覧会をさせていただけることになり、この展覧会タイトルをつけさせていただきました。


私たちは、気づいたらこの世に生まれ、自分がありました。
私たちが生まれるずっと前からこの建物はありました。
建物を支える木材は今よりみずみずしかったと思いますし、想像はしずらいけれど、新築でした。
長い年月を重ね、さまざまな人の生活を重ねました。
古い建物に入ると、ただ物質的な事を感じるのではなく、長い時間や、人の想いを含めて、その場の空気や人の人生を感じます。

柱や、床や、家具まで、自然にでた味わい深い木材のツヤは、それはそれは美しいです。
暮らしと年月があって生まれた輝きのように思えます。 


私は毎年、同じ頃に桜の絵を描いています。
自分が桜の咲く4月に生まれたこともあって、桜は特別な存在です。 
生まれてきて、初めて目にしたものが桜だったかもしれない。
この世で一番好きなものかもしれない。

桜が咲きだすと、自分もひとつ歳を重ねる。
桜の絵は、樹木の年輪を確認する儀式のように、おなじみな制作となっています。


海老原商店で展示が決まり、ここを訪れました。長い長い年月を感じたので、ここに合った展覧会をしたいと思いました。

ふと、“10月にも桜が咲いたらいいのに”と、思いました。
すぐに、調べてみると、10月にも桜が咲いておりました。
なんと!人知れず、ひっそりと!

忙しく慌ただしい私たちの時代。
ふと、意識をしないと色々な忘れ物をしてしまう今日この頃。

10月の桜のように、毎年そっと柔らかく咲く。
そして緩やかに続く丁寧な暮らしでありたい。
100年先もずっとずっと。



       2018年 10月 長井朋子






名脇役を演じてくれたみんな!
“やー終わってしまったね。”
“俺たちもいい味だしてたよなあ!”
みんな、おつかれさん!!
最後にみんなで記念撮影!!!