mokomoko

mokomoko

2018/11/19

さようなら10月の桜、またね!

昨日、無事に “100年と10月の桜”が終了しました。


終わってしまったー。


最初から最後まで、幸せな展示でした。


本当にありがとうございました。


まずは、見に来てくれたみなさま、海老原商店へ来てくれて、長井作品に囲まれに来てくれて、ありがとうございました(^^)


中には飛行機で駆けつけてくれた方々、新幹線や夜光バスに乗ってめがけて来てくれたみんな!本当にありがとうございます!


金土日オープンだったのでなかなか都合がつかず、だけど!何とかして来てくれた方々、

2回、3回見に来てくれた方々、

最終日になんとも美しい涙を流してくれた姉妹の女の子達。ものすごく感動してくれた。


本当に書ききれないくらい、たくさんの人々に届いた事が、作家として幸せでした。
作品達も立派な晴れ姿をみてもらえて良かったね。


そして展覧会を全力で作り上げてくれた関係者のみなさま、長井ワールドへ凄まじき光を放ってくれた桂枝太郎師匠!


本当にありがとうございました!!!!


平成最後に、こんなに素晴らしすぎる展覧会をする事ができて、嬉しすぎて、どうしましょう。
長井作品がこんなに愛される事が、本当に自分自身にとって究極の幸せです。


そして、そして!
海老原商店で展示をさせてくれた海老原義也さん!
こんなに素晴らしい機会をプレゼントしてくださり、本当にありがとうございました!

“海老原商店は、僕にとって宝箱みたいな存在で、本当に宝がつまった1ヶ月でした。”と、嬉しいお言葉をいただきました。


海老原商店が建てられて90年。

100年もその先も、ずっとずっと続いてほしいと、思ってます(°▽°)

海老原商店フォーエバー!!!


最後に、2階の机の上に置いてあった文章を、ここにも残しておきます。





100年と10月の桜


今は昔の先 10月の桜は昔も今も100年先も

海老原商店は、今から90年も昔に建てられました。


今回、ここ海老原商店で展覧会をさせていただけることになり、この展覧会タイトルをつけさせていただきました。


私たちは、気づいたらこの世に生まれ、自分がありました。
私たちが生まれるずっと前からこの建物はありました。
建物を支える木材は今よりみずみずしかったと思いますし、想像はしずらいけれど、新築でした。
長い年月を重ね、さまざまな人の生活を重ねました。
古い建物に入ると、ただ物質的な事を感じるのではなく、長い時間や、人の想いを含めて、その場の空気や人の人生を感じます。

柱や、床や、家具まで、自然にでた味わい深い木材のツヤは、それはそれは美しいです。
暮らしと年月があって生まれた輝きのように思えます。 


私は毎年、同じ頃に桜の絵を描いています。
自分が桜の咲く4月に生まれたこともあって、桜は特別な存在です。 
生まれてきて、初めて目にしたものが桜だったかもしれない。
この世で一番好きなものかもしれない。

桜が咲きだすと、自分もひとつ歳を重ねる。
桜の絵は、樹木の年輪を確認する儀式のように、おなじみな制作となっています。


海老原商店で展示が決まり、ここを訪れました。長い長い年月を感じたので、ここに合った展覧会をしたいと思いました。

ふと、“10月にも桜が咲いたらいいのに”と、思いました。
すぐに、調べてみると、10月にも桜が咲いておりました。
なんと!人知れず、ひっそりと!

忙しく慌ただしい私たちの時代。
ふと、意識をしないと色々な忘れ物をしてしまう今日この頃。

10月の桜のように、毎年そっと柔らかく咲く。
そして緩やかに続く丁寧な暮らしでありたい。
100年先もずっとずっと。



       2018年 10月 長井朋子






名脇役を演じてくれたみんな!
“やー終わってしまったね。”
“俺たちもいい味だしてたよなあ!”
みんな、おつかれさん!!
最後にみんなで記念撮影!!!

2018/11/13

三代目 桂枝太郎師匠の落語高座!

日曜日、待ちに待った、三代目 桂枝太郎師匠による落語の高座が行われました。


もーー楽しかった!


面白かった!!!


枝太郎師匠の話術の極み!!


すごい!!


会場のお客さん、雰囲気、アクシデント全てくまなく話に混ぜ混んで笑いにする。

師匠、まじでお師匠。笑いの神様みたいだった!!!!


落語は、古典落語の“ 死神 ”を。


すさまじき、ストーリーでした。
師匠オリジナルなオチも最強でした。
なんていう世界観なんでしょう、落語の世界。


私は一気に虜になりました。


トークでは、落語の世界が面白くて何本も聴いたことから始まり。
YouTubeで聴いたもんだから、師匠に怒られちまいました笑
急いで、初の落語は、海老原商店で聴こうと思いまして!!!と。とっさに言い訳を!笑


私の視覚的に表現しているのとはまるで反対側、聞き手の脳裏に想像力を働かせて物語の絵をゆだねるということ。
自分は、落語を聴くと頭の中で、カラーな絵巻物が浮かびます。それは、映像的でもあって、時々セピアカラー。

想像で浮かぶ絵は、人それぞれで、全く違うみたい。もちろん、落語家さんによっては、浮かぶ絵も違うそう。
興味深いなあー。
漫画や、墨絵が浮かぶ人もいるそう。



イベント終了後は、師匠とみんなでお食事会へ。

なぜ、今回、古典落語の“死神”が選ばれたのか、聞いてみました。


今回、枝太郎師匠の落語を海老原商店での展示で披露してもらったのも、場所がまず落語と相性が抜群だったので。それはそれは最高に良い雰囲気でありました。

そして、枝太郎師匠の伝統芸能でありながら、斬新な表現をするのが、私のエキセントリックな作風となにか共通するものがあるんじゃないか。といったところからでした。

最初に師匠とお会いした時は、新作落語で決めていたそうです。
だけど、落語会の数日前に展示を下見に来てもらって、予定は変更になり、古典落語になったそう。

死神になったのも、人形の首だけが置かれていたり、何か、一見してファンタジーな世界観から違和感を感じたからだそう。

私は、それを聞いた時に、流石であります!と師匠にお礼を伝えました。


長井作品は、可愛らしい世界なんだけど、どこか不穏だったり、さびしい感じ。儚さ。そんな事も沢山ふくまれてます。
それは、意識はしてなくて、画面に自然に現れるものです。


人の人生は、はかなくて切ないものです。

可愛らしさも、永遠的も、いつかは幻。

時に残酷です。

それも含めて、私は見たい今を画面に閉じ込めています。

そして、笑いこそ最強だとも思ってますから、どこか笑えるものでもあってほしいのです。

いつでもラフにクスクス笑っていたい!


死こそも、笑いにしてしまった落語の世界。
すごいなあ。恐れ入りました!!!!

死神のクライマックス、師匠が高座から落っこちた瞬間に、(本当に師匠は台から落ちました)
その瞬間、私は光がみえた気がしました。



枝太郎師匠、素晴らしい落語を本当にありがとうございました!!!

また、落語とアートのコラボレーションを熱望します!

年末に師匠がトリの寄席があるみたいだから、さっそく行ってみようと思います(^^)(^^)



来週末、いよいよ展示もクライマックスです。
儚い、さみしい。けど、笑って最後まで展示を見届けたいと思います。


最終日までどうぞよろしくです(°▽°)

枝太郎師匠の高座の様子。

最後に師匠と記念撮影!
師匠がNで、私がTだそうです笑
枝太郎師匠!Nが逆さまじゃん!!笑

2018/11/09

あっというまに、展示は進む!

100年と10月の桜が始まって、あっというまに折り返し地点もすぎて、会期もあと少しだけになりました。


ドタバタでオープニングを迎え、オープンすると、まあ!!びっくり。沢山の方々が来てくております(^^)(^^)


もう建物自体が素晴らしいので、建物と展示をダブルで楽しんでもらえる事になってます。

作品をお目当てに見に来てくれる人も、海老原商店の魅力にはまってしまう人が続々にです。

先週は、俳優の片桐はいりさんが見に来てくれましたが、“何ここ!素敵すぎる、そして長井さんの作品に囲まれてなんて幸せなんだ”と、何時間も過ごしてくれました!

はいりさん、いつもありがとう(^^)


そして、イベント第一段 “海老原写真館” では、沢山の方々に参加していただきました!
急きょ、リクエストにつき登場した、伝説のかぶりもの!
作品集にも載っているはいりさんとのコラボ作品で登場した、“ぬいぐるみヘッド”と“おかっぱ張り子”!

撮影会の参加者のほとんどの方が、onして撮影に!!素晴らしかったでした!!

作品が何点も誕生した特別なイベントになりました。


ご参加いただいたみなさま、どうもありがとう!!


手元にアルバムが届くのが待ち遠しい!
(自分もひっそり撮りました笑)


そして、今日よりまた3日間のオープンです!私は今日の夕方までと、日曜日に会場に行きます!


そして、いよいよ日曜日は!!


伝説のイベント第二段!!


なんと、なんと落語です!!!


あの!桂歌丸師匠の御弟子さん、三代目桂枝太郎師匠にお越しいただきまして、高座をしていただけることになりました!!


なんと!まさか!自分の作品の中で落語が聴けるだなんて夢にも思わなかった!!


最近は、もっぱら、レディオでなく、落語を聴いております。


落語の世界、面白い。


今まであんまり意識して聴いてこなかったけど、なんというファンタジックな世界。
想像でめくるめく世界へダイブ。
落語家さんの話術のセンスと技術がものすごい!!


長井ワールドの舞台へ枝太郎師匠をお招きし、今だかつてない落語をお届けできる日が、いよいよ明後日にやって参ります。

私も、気合い入れて落語会に参加したいと思います!!!


めちゃめちゃ楽しみすぎる!!


古典落語かな?新作落語かな??落語の前のお話、まくらも楽しみすぎるなあ~!!

落語会の様子はまた、ブログでもご報告します!



それでは、引き続き100年と10月の桜展示をどうぞよろしくお願いします(°▽°)

先週行われた写真館の様子。
長井コレクターの島田さん!
サンタさんは、いましたね。

長井作品のガチファンを名乗りでてくれている、カナさんの作った“くまさん”

展示の最初頃に来てくれて、数日で制作して持って来てくれました!!

めちゃめちゃいい顔してるう!
ありがとう(°▽°)嬉しかったです(^^)

2018/10/23

はじまりました! 100年と10月の桜


なんと、摩訶不思議。


今年は、異常気象が原因で、各地に桜が咲きだしてしまったみたい!
桜の木が、勘違いしてしまって桜を咲かしているそう!


なんと!


勝手に、私たちのしわざでしょうか??なんて思っています笑


先週金曜日より、無事に個展がオープンしました。
沢山の方に初日から来ていただけました!!


お馴染みの長井作品コレクターさま始め、遠くから、来てくれた方々どうもありがとう!!
色々な場所での告知をみて初めてみに来てくれた方たちも!


沢山、やばいやばい~!!って言っていただけました!(やばいは嬉しい誉め言葉 笑)


先週は、締め切りに集荷に、設営までのギリギリ制作、そして、設営に、オープニング!!
ジェットコースターみたいに全速力で駆け抜けました!

燃、え、つ、きたっ、、、!!!


設営を終えると、展示自体はこれからを迎えますが、作家はやりきった安心感と、達成感と、制作に終わりを迎え、しんみり、ちょっと淋しい感じ。

そして、はりきって魅せてこいよ!!とバトンを渡します。


あとは、作品と見てくれる鑑賞者にゆだねます。


海老原商店という、今と昔を生きる素晴らしい場所と、長井作品に囲まれて、不思議~な、感覚と、時間を過ごしていただきたい。


私が仕掛けた色々な、くすりと笑ってしまう事や、ハッとする事や、ドキリとする事など。など。

そして、実は究極の美しさとは何ぞやと求めさ迷う私の探し物を、一緒に探してもらえたら嬉しいです。


世界は、もっとずっと混沌と、エキセントリックに素晴らしいもので満ちています。


海老原商店での、100年と10月の桜、是非みに来てください。


みに来てもらって損はさせません!


ただ!ご注意ください!

期間中の、金曜日、土曜日、日曜日のみのオープンになります!

それではみなさま、来月までどうぞよろしくお願いいたします(°▽°)



“ 100年と10月の桜 ”

長井朋子個展「100年と10月の桜」を千代田区景観まちづくり重要物件「海老原商店」で開催いたします。
看板建築「海老原商店」を、文化・芸術による活動を通して広く、多くの方に直に体感いただき、建物 PRと維持、保存のお役に立ちたいという長井朋子が企画する、「桜」をテーマとした個展です。

期間:2018年10月19日[金]-11月18日[日](※金土日のみ開催)
時間:13:00 – 20:00
場所:海老原商店(千代田区神田須田町2-13-5)
入場料無料

2018/10/12

作品全て準備完了!

できたあ~~全部できた~!!!

準備完了しました。

今回は、準備期間があまりなく、そして個展制作も2つ同時進行で、少し不安だったのですが、なんとか作品が全て仕上がりました。

もちろん、内容は最高級に!

おそらく、平成最後の個展。
最高にラストを飾るのです!

作品集荷も設営の前々日にしてもらい、ギリギリのギリギリまで粘らせてもらった。
ここから、来週あたままで絵の具を乾燥させて、集荷、撮影、そしていよいよ設営に!!!

ここまでやっとこれました~ふ~。 


いよいよオープンまで一週間!!

ここで、間違いがおきないために、ご注意をです!!

今回の、海老原商店での“10月桜展”の開催日ですが。

※期間中は、金曜日、土曜日、日曜日の開催になります!!

みなさま、ご注意下さい。
普段のギャラリーと違い、通してオープンはしておりません。

10月19日(金)から11月18日(日)までの、金、土、日曜日にオープンします。
時間は、13時から20時までになります。

オープンの日じゃない時に来てしまい、悲しむ人が現れませんように。。

ひとりでも多くの人が、今回の展覧会に来てくれますように。

海老原商店という建物に出会ってもらえますように。

ちゃんとした、本気な作品をみてもらえますように。(すごく意味深な書き方ですが、意味は深いです笑。)

素敵な時間を過ごせてもらえますように。


良いものも悪いものもごちゃ混ぜにあふれかえる今の世の中で、いかに良いものを見つけ出せるか。本当に大切なものを忘れずに意識していられるか。

海老原商店の建物と長井作品で感じてもらえたら嬉しいです。


あと、残りの一週間で、最終的な打ち合わせや、自分での脳内会議等(インスタレーションのイメトレ)がんばります。

作品タイトルは、
“ もっと ずっと カジュアルに ”

2018/10/06

100年と10月の桜

季節はぐんぐん進んで、え!もう10月!!はやい!!


9月は、ずっと雨降りだった気がする。
夏から秋への準備に長くかかってたかな。


三越での、“いろいろな花のある部屋”展を見に行ってくれたみなさま、どうもありがとうございました!
おかげさまで、好評をいただいたみたいで、花瓶のくまちゃん達も続々とおうちが決まったそうです。


良かったです!


いよいよ秋は深まり、今年はもういっこ展示が始まります。


2018年は、愛知から東京へ戻ってきて、個展から始まり、個展で年を締めくくる、展示ずくしな年でありました。


まさに今は、制作のラストスパート!!


毎日わさわさモジャモジャずーと制作。
こんなに、大好きな絵を描いたり、もの作りを好きなだけやっていい日々は、ありがたい。

どんだけでもアトリエにいたい。

こんな日々がずっと続けばいいのに。って思いながら制作をしています。



今回の展示、初めてな場所で、初めてな展示をやります!!!!


いわゆる、ストレートな白い空間でのホワイトキューブではなく、逆方向な、人の暮らしがあった場所で、海老原商店という古い建物の中で展示をやります。

海老原商店は、その昔、洋品店の老舗として人々に親しまれてきたそうです。
初めは、もう90年も昔とのこと。


長い歴史の中で、幾つもの危機を乗り越えてきたそうです。


お孫さんにあたる、オーナーの海老原義也さんが、建物の雰囲気を大切にリノベーションし、補強工事を経て、今に残されてます。
色々な奇跡と、オーナーさんの努力や様々な人の協力があって今尚、在り続ける貴重な建物です。


そんな建物での展覧会のお誘いをいただいたのは、5月の個展が始まってすぐの頃。

建物に見学へゆき、海老原商店の魅力に一気に引き込まれました。


これは、絶対に展示をしたい。

こんな時間の流れをたくさん感じられる空間に自分の作品をおいてみたい。
ここで作品を眺めたい!!


開催時期は10月。
10月、秋、、10月、、秋、、
桜って10月にも咲いたりしないのかな。
と、ふと、もう初夏であった暑い頃に思いました。

今は、すぐに携帯電話で色々調べられる不思議な時代。
すぐさま、ピコピコ調べてみたら、なんと。

10月の桜は、本当にあったんです。 


本当にー!??びっくり。
10月にも咲く、桜があるだなんて!!
奇跡降臨や!!!
こりゃ、もうタイトルは、
“100年と10月の桜”だ!!

10月に桜が咲くという事、そんなわくわくときめく事ってあるう!??
と、そこからは早く。
描くべきものも決まり、今日まで一気に筆をはしらせてきました。


衝撃や、喜びや、発見など、一旦、ガツンとくると、止まらなくって気づいたら数ヶ月の間ずっと制作してました。
いくらでも絵がかけました。不思議。何かにとりつかれてるかのように笑

今は、絵はほとんど完成して、インスタレーションの準備に没頭してます。


せっかくいただいた、海老原商店での展示。余るとこなく、全部よくしたい、一級品な展覧会にしたいです。


そして、おそらく、平成最後の展示になります。


平成最後の展示、めちゃめちゃ大成功で締めくくりたい!!


なので、みなさま、絶対に来てください!!!


よろしくお願いします(^^)


10月桜展、スペシャルな企画もどどん!とご用意していますから、また、こちらもブログでもお知らせをしたいです。

それでは、また書きます(°▽°)/

2018/09/23

くまちゃん花瓶 “ BEAR ”

日本橋三越にて、限定30匹!くまちゃん花瓶、その名もBEAR が無事に発売となりました!

BEAR 完成まで長い道のりだったなあ。

三越さんからお話をもらったのが5月。
そこから、くまちゃん花瓶を作ると決めて、パッケージもいちから作りたいと自分で提案をして制作してきました。


くまちゃん本体は、陶器専門のミヤマプランニングさんと一緒に制作しました。

粘土でくまをつくり、石膏で型をつくり、焼き上げていきます。
目とサインのシールを貼り付け、ライトグレーの釉薬をかけて、仕上げます。
どの工程も職人さんの手作業で行われました!

私は、石膏の型どりの工程をしてくれる、瀬戸物の町、愛知は瀬戸までゆき、最終的な粘土の仕上げをしてきました。

焼き物の本場の町。

くま花瓶の他にも今から製品になってゆくものが工場の至るところにあって、めちゃ興奮!
いろいろな工程を経て、製品ができあがっていくのだなあ。と今回、がっつり参加させてもらい色々と学びました。 


いやはや、普段の作品なら、始まりも完結も全て自分なので、ある意味、単純で、思いのままです。
だけど、この花瓶は、企画段階から沢山の人の手を渡って作られてくので、自分の意図や作品としてのモノという繊細な細かーい部分までをリレー戦で繋げていかないとダメで。ずっと気を張っていたなあと。

言葉で想いを伝える難しさ。

だけど、伝わって理解してもらって形になってくときの喜びは、大きかったです。
失敗ややり直しの部分もありましたので、、出来上がった時は、とにかくホッとしました。
長い道のりだったなあ。うん。


そして、当初、自分の提案がなければ、くまちゃんは桐箱行きだったのです。

私は絶対、長井くまは桐箱には入らない、違う!と分かっていたので、三越さんにパッケージを自分らで作りたいとお願いしました。

イメージは、リカちゃんやバービーの入ってる、あの箱。
あのお家みたいな箱に入ってて、お店に並んでるのが全てだ!と思い。

あの、わくわくトキメキボックスを作らないとこれは、完結しない!!
ハッピーエンドは迎えられない。と思いましたので、くまと同じくらいの熱量で箱も制作してきました。

もちろん、今回も力を借りたのが、長井作品集も一緒に制作してくれた、floating mountain デザインのキャロちゃん。
大学の時からずっと仲良し。
私の作品も、私の考える事も、分かってくれてる。
彼女のデザイン、手仕事、センスは世界一だと思ってます。

今回も快く引き受けてくれました。

私の思い描く箱は、即伝わりました。
思い描くものが最初から同じ所にある、当たり前じゃなくすごく特別な事で、そんな子が近くにいてくれる事は、幸せな事です。
あらためて思う!

箱の生産は、キャロちゃんが探してきてくれた、岩嵜紙器さん。長崎にある紙を扱う専門の企業さん。
とても素晴らしい仕事をされてます。

30個という無理なロット数にもかかわらず、今回は生産して下さりました!


岩嵜紙器さん、本当にどうもありがとうございました!


このパッケージデザインに関しては、floating mountain のブログにも書いてもらえました。良かったらこちらもぜひ見て下さい。


そうして、くまちゃんは、ステキなくまハウスに。

あとは、30本手作りで花をそえました。
いろいろな柄のある花です。


ただただ、大量に生産されてゆくものではなく、ひとつひとつ想いを込めてつくられました。

ずっとずっと、可愛がってもらえたら嬉しいです。

くまちゃん花瓶、“BEAR ”!
ぜひ、店頭で見てみてください(^^)


キャロちゃんが書いてくれた、パッケージ制作ブログ。パッケージの全貌もこちらから見られます!



まだまだ暑かった夏、こんな感じで、
粘土で作られました。
表情もそのまま陶器で表現されました。

店頭には、こんな感じでならんでいます!