mokomoko

mokomoko

2018/09/23

くまちゃん花瓶 “ BEAR ”

日本橋三越にて、限定30匹!くまちゃん花瓶、その名もBEAR が無事に発売となりました!

BEAR 完成まで長い道のりだったなあ。

三越さんからお話をもらったのが5月。
そこから、くまちゃん花瓶を作ると決めて、パッケージもいちから作りたいと自分で提案をして制作してきました。


くまちゃん本体は、陶器専門のミヤマプランニングさんと一緒に制作しました。

粘土でくまをつくり、石膏で型をつくり、焼き上げていきます。
目とサインのシールを貼り付け、ライトグレーの釉薬をかけて、仕上げます。
どの工程も職人さんの手作業で行われました!

私は、石膏の型どりの工程をしてくれる、瀬戸物の町、愛知は瀬戸までゆき、最終的な粘土の仕上げをしてきました。

焼き物の本場の町。

くま花瓶の他にも今から製品になってゆくものが工場の至るところにあって、めちゃ興奮!
いろいろな工程を経て、製品ができあがっていくのだなあ。と今回、がっつり参加させてもらい色々と学びました。 


いやはや、普段の作品なら、始まりも完結も全て自分なので、ある意味、単純で、思いのままです。
だけど、この花瓶は、企画段階から沢山の人の手を渡って作られてくので、自分の意図や作品としてのモノという繊細な細かーい部分までをリレー戦で繋げていかないとダメで。ずっと気を張っていたなあと。

言葉で想いを伝える難しさ。

だけど、伝わって理解してもらって形になってくときの喜びは、大きかったです。
失敗ややり直しの部分もありましたので、、出来上がった時は、とにかくホッとしました。
長い道のりだったなあ。うん。


そして、当初、自分の提案がなければ、くまちゃんは桐箱行きだったのです。

私は絶対、長井くまは桐箱には入らない、違う!と分かっていたので、三越さんにパッケージを自分らで作りたいとお願いしました。

イメージは、リカちゃんやバービーの入ってる、あの箱。
あのお家みたいな箱に入ってて、お店に並んでるのが全てだ!と思い。

あの、わくわくトキメキボックスを作らないとこれは、完結しない!!
ハッピーエンドは迎えられない。と思いましたので、くまと同じくらいの熱量で箱も制作してきました。

もちろん、今回も力を借りたのが、長井作品集も一緒に制作してくれた、floating mountain デザインのキャロちゃん。
大学の時からずっと仲良し。
私の作品も、私の考える事も、分かってくれてる。
彼女のデザイン、手仕事、センスは世界一だと思ってます。

今回も快く引き受けてくれました。

私の思い描く箱は、即伝わりました。
思い描くものが最初から同じ所にある、当たり前じゃなくすごく特別な事で、そんな子が近くにいてくれる事は、幸せな事です。
あらためて思う!

箱の生産は、キャロちゃんが探してきてくれた、岩嵜紙器さん。長崎にある紙を扱う専門の企業さん。
とても素晴らしい仕事をされてます。

30個という無理なロット数にもかかわらず、今回は生産して下さりました!


岩嵜紙器さん、本当にどうもありがとうございました!


このパッケージデザインに関しては、floating mountain のブログにも書いてもらえました。良かったらこちらもぜひ見て下さい。


そうして、くまちゃんは、ステキなくまハウスに。

あとは、30本手作りで花をそえました。
いろいろな柄のある花です。


ただただ、大量に生産されてゆくものではなく、ひとつひとつ想いを込めてつくられました。

ずっとずっと、可愛がってもらえたら嬉しいです。

くまちゃん花瓶、“BEAR ”!
ぜひ、店頭で見てみてください(^^)


キャロちゃんが書いてくれた、パッケージ制作ブログ。パッケージの全貌もこちらから見られます!



まだまだ暑かった夏、こんな感じで、
粘土で作られました。
表情もそのまま陶器で表現されました。

店頭には、こんな感じでならんでいます!

2018/09/22

ありがとう!GOOD NEIGHBORS

雨が続いていますね。

先週は、公園で遊んでいたら突然のスコールでずぶ濡れに。
それで一昨日は、保育園お迎え直前にカッパが行方不明事件が勃発!!フランス人スタイルでずぶ濡れに。、

雨にうたれながらの自転車、見た目は超可哀想な人かもしれないけど、実はめちゃめちゃ楽しい!

普段の日常から飛び出して、カラカラだった植物が恵みの雨じゃ~~!て生き返る気持ちがすごく良く分かる瞬間。

頭の隅々までリフレッシュでした。

そのあと風邪もひかず、たくましき私たち!



日本橋三越本店にて、個展も始まっています!

先日は、J-Waveのオンエアがありました。個展の設営やオープンだったり、3日後くらいに聞けました。

自分の声を聞くだなんてホラーすぎて勇気いりすぎた笑

楽しそうに喋ってました笑

ラジオの中で自分が話してて変な感じでした。

GOOD NEIGHBORS!!クリス智子さんのナビゲーション!!

ラジオが大好きです!
声だけを聴いて、小説を読むように様々な絵を浮かべられるのが良いんですよね。
クリスさんの声って本当に素敵だなあと改めて思いました。

あんなに人を引き寄せる声とお話、当たり前のように思いがち、ラジオをつければいつもいてくれるクリスさん。

ラジオで話すって、人に分かりやすく楽しく、かつ素敵に伝えるの、凄いなあと。


プロフェッショナルなお仕事。


毎週毎週、ありがとうございますと、改めて思います。

また、ラジオに出てみたいなあ。いちリスナーとして。


沢山、放送内で、お知らせもしていただきました!
おかげさまで、個展初日には、ラジオを聴いてきてくれた方もいたり。

ラジオの力ってやっぱりすっごい! 


個展も始まったし、噂の“BEAR”!!も無事に発売になりました。
くまちゃん花瓶のお話またブログでお伝えします(^^)

それでは、三越での個展“いろいろな花のある部屋”も、どうぞよろしくお願いします!!

“散歩のつづきを”

“flower”

2018/09/15

いろいろな花のある部屋

季節は、夏から秋へ移動中。


ひとつの季節が雨によって塗りかえられてくのって、良いです。
思わず気をとられてしまい、雨を眺めるのが好きです。


朝から自転車ごとズザザザザーとスッ転び、膝小僧から流血、その足で1500円カットにいきブナしめじヘアに。
元気で、相変わらず、どんくさい毎日を過ごしてます。

シャンプーなしの、40分チョッキリのオンリー髪切るのみのところ。
美容院苦手な自分には有り難や!

展示の前には髪を切ります。
お決まりの儀式。


2018年、まさか、3つも個展をするだなんて思いもしなかった!

今年残すは、あと3ヶ月と半分。
来週9月19日から三越で個展!
そして、来月10月19日からは、神田は海老原商店というとても魅力的なスペースで、まるごと一棟使っての個展をやります!!

前回の個展が終わってからこの2つにめがけて制作してきました。

2つの展覧会の同時制作、集中力きらさぬよう、テンション保ちながらここまできました。

しかも!
2つの展覧会では、長井作品特製グッズが登場します!

ひとつ目、なんとなんと、くまの花瓶~!!
これ、気づいてくれる人がいたら嬉しい。
長井作品で、時々登場する花を持ったくまが、そのまま絵から飛び出しました。

夏に愛知は瀬戸まで、瀬戸物の町で、くまちゃん制作。
色はライトグレー。
写真には載ってませんが、このくまちゃん、素敵なパッケージに入ります。
パッケージも、一からこだわって制作しました。

それから、一輪の花を持たせてます。

ひとつひとつ、私が全て作ってます。
花は色々な柄があります。
どの花にしようか迷ってもらうのも楽しいかと思います。

来週水曜日からこちらのくまちゃん花瓶登場の展覧会が日本橋三越本店にて始まります。

初日、19日は会場に行こうと思ってます。
是非みにきてください。

10月の個展も是非ともお楽しみに。
また、来週ブログでも詳細をお知らせします(^^)

この秋は、まだまだあつい!!


個展「いろいろな花のある部屋」

9月19日[水]- 10月2日[火]10:00-19:00
日本橋三越本店 本館6階 アートスポット
会期中無休


長井朋子「BEAR」

約w.10.0 × d.10.6 × h.21.3cm

限定30点

\42,984(税込)

花をつくってるところ。

2018/08/18

今井さんとインタビュー

今週は、六本木ヒルズにある、J-WAVE へ、ラジオのコーナーの収録へ行ってきました!

ラジオは、人生で2度目。

1回目は小山さんと一緒に生放送に出演しました。この時は、何も聞いてなく、、個展のお知らせ隊で行くんかなあ~と思いきや、一時間ぶっ通しで!人生を話しました笑 

小山さん、教えてちょーだいっ!


今回は、1通のメールから始まりました。

後から知るのだけど、またまた作品集“Thousands of Finches ”がきっかけで始まりました。


今回のラジオ、なんと、ラジオ界のレジェントでもおられるクリス智子さんの番組「GOOD NEIGHBORS」です!


あの!!!
クリス智子さんといえば、伝説のポンキッキーズ、コニーちゃん!!!ジャカジャカジャカジャカじゃんけんポーン!

コニーちゃんとは、来日も来日も、何回もじゃんけんをした。
あのコニーちゃん、伝説の。。

その節は大変お世話になりましたとお伝えしたい。

今回の、ラジオ出演はコーナーのひとつなので、直接クリスさんとはお話しないのだけど、どんな風にナビゲーションしてくれるのだろう、ドキンドキン!


収録は、フリーランス・ライターの今井栄一さんとインタビュー形式で行われました。

今井さんは、色々な本やエッセイも手掛けており、音楽のライターさんなども!幅広くご活躍されています。

すごいお方、緊張~~!


1通のメールも今井さんが送ってくれました。


私の作品集がきっかけで。

“奇跡オブFinches ” 最近、心の中でそうよんでいる。

今井さん、収録の前には、アトリエにまで直接来てくださり、事前にインタビューをしてくれました。

直接アトリエを、現場を見て、その人をみる。そして、聞き出す内容を選びインタビューをする。
事前にやりとりするメールも、とても心のこもった丁寧でとても伝わるものでした。

プロフェッショナルだなあ!と今井さんの丁寧な仕事はアツい!!!と感心。


仕事をしてく中で、どんな仕事の世界でもメールでのやりとりは毎日されていて、一日きっと何億通ものメールが飛び交う世の中。


私も個展の時、何かのイベントの時、様々な人にメールを書きます。
自分の伝えたいことを、分かりやすく正確にかつ的確に。

今井さんのメールには、相手を敬い思いやる心がすごくこもってる。
用件や、時間や、日にちだけじゃないメール。

私が干し野菜や、布団をすぐ干すけど、天気予報を気にしない事を知って、メールで野菜と布団の心配をしてくれました笑。
収録では、私が落ちつけるように、くまのぬいぐるみをマイクのそばに置いておいてくれました涙。優しい。。。


オンエアにのるか分からないけど、
こんな質問がありました。

“絵描きは、仕事ですか??”

絵を描く自体は自分の喜びでもあって少し違うんだけど、展覧会などする際、絵と、人を繋げる事は自分の大事な仕事ですと答えました。

作品の制作は、完全に始まりから終わりまで自分で完結する。
その先は自分で、言葉とアクションで、メールで、展覧会を動かしてくれてる人や、みに来てくれる人に伝えていきます。

最近は、世の中が忙しいから、SNSを使ってやりとりも少なくないです。

だけど、SNSでやりとりすると、大事な用件も、どこか記憶に薄くて危うい事があるんだよな。、

だから、そこはしっかり。

“大変お世話になっております!”からのメールは、とても大切で大事にして行きたいと思いました。

メールひとつでも、しっかり相手を思いながら書きたい。

と、今井さんの丁寧で優しいお仕事っぷりを拝見して思いました。

お仕事ご一緒させてもらいとても光栄でした。

作品が、ラジオを通して人と繋がりますように。



インタビューがどうコーナーに生かされてオンエアされるのか、今から楽しみだなあ~!

また、放送が近づいたらお知らせします(^^)

写真は、今井さんと。
私の持ってるくまが、今井さんが置いてくれた、くまちゃん笑
大変、落ち着きました。
ありがとうございました(^^)

2018/08/14

医師と建築家と画家と。その二

昨日のつづきを。
 
 
夏の半ば、ちょっと暑さも落ちついた頃、だけど、まだまだ暑く、窓を覆ったゴーヤの葉の隙間から射す光がキレイ過ぎた日曜日。


医師と建築家と画家がそろった日。


分かりやすく、名前がつけられて別けられてるそれぞれの分野であっても、想いや目指す世界が同じであったこと。
 

一部が全体であった、とてもスペシャルだった日。
 
 

 
7月の頭にベトナムへ行きました。
 
ある夢のようなステキな計画を胸にして。
長井作品のスーパーコレクターOさんのお宅へおじゃましてきました。

ベトナムで、Oさん監修、長井ハウス(長井villa)を作りたいね大計画。

髙橋一平建築で、内装は長井ワールド。

いまだかつてない、ホテル。

隅々まで洗練された、ものすごく意識の高い場所を提供する施設。
ありふれたリゾートホテルとは違うスペースが作れたら面白いんじゃないか。

そんな話から妄想がスタートし、本当に現地を視察しに行ってきたのでした。


まだ先の話かもしれないけれど、きっと楽しい未来があると思っています。



髙橋さんは、震災の後に仙台に保育所を建築されました。

私はその保育所の一部、プールに絵を描いたり、看板やプレートを描いたりしました。

外観が鏡のようになっていて、草木や景色が映りこんでいて何とも魔法的な建築を手掛ける髙橋さん。



“ぼくは、お風呂がお風呂だけな事は嫌なんですよ、お風呂に入りながらごはんが食べたいんですよね。”って真面目な顔して話す髙橋さん。

お風呂が台所と一緒だったら生活どうなっちゃうの??て多くの大人は思うと思います。
当たり前の事は、当たり前でもないことだって沢山あって、お風呂に入りながらホットケーキを焼いて食べたって全然良いと思います。

常識と決まりをつけて、これはこう。
この形。あれは、あんな色でこの位の大きさが便利。ジャストサイズ!
と色々なものや様式や、建物にしても、病院のルールにしても、
決まりがあると、つまるものも、つまらいことにしてしまう。

アーティストだから、やっぱり変だよねぇと、思われがちなんだけど、
型があってそれ通りより、変わってる方が、自然だし、身軽だし、気持ちがよい!と思います。
窮屈にすればするほど、ストレスフルになっていく。
だいたい世の中の型が決まってきたのなんて、地球レベルでいったら最近の話。



そんな髙橋さん、今月の新建築の表紙に!

またまた新感覚な、集合住宅を手掛けていました。

“混沌とした現実に対し、人間は常に素朴で野性的に楽しみながらいきている。”

“人間の原始性を見つめ、次の自由を予感する”
と、髙橋さんらしい言葉で締めくくってた。




色々な角度から物事を考えて、自分の考えを持っていて、しっかり技術も腕もあり、その道のプロフェッショナルな人を私は魔法使いだと思っています。

それぞれが得意分野を発揮して、ひとつの調和を目指そうものなら、きっと世界がめっちゃ良くなるだろうと思います。


私は自分がすごくラッキーだと思っていて、周りには良いことを教えてくれる魔法使いが沢山います。
(限られた人だけが魔法使いではなくって、人はそれぞれがどこか何かが得意な魔法使いだと思っています。)

受けとった良いこと全てを、視覚化して魅せていくことが、自分の役割だと思っています。



混沌としすぎた世の中を、もっと柔らかく丸く、忘れ物をいつでも取りにいけるような世界にしていきたい。

と、そんな気持ちになった、
“美しい日曜日”(本当にある長井作品タイトル。笑)
でありました。
 
  髙橋一平さん建築が表紙の、新建築8月号!
ぜひ、本屋さんで探してみて下さい(^^)

2018/08/13

医師と建築家と画家と。その一

医師の稲葉俊郎さんと、建築家の髙橋一平さんが、アトリエに遊びにきてくれました。


何年かに1度!!!水星、金星、火星、木星、土星の5惑星が一度に見られるチャンスです!!

と、いうくらい奇跡的な1日でした。



医師の稲葉さんとは、夏の始まりにお会いしました。


その時に、稲葉さん著書の、

“ひとのこころ と からだ  いのちを呼びさますもの”

を頂きました。


すぐに読んであっという間に読んで、ものすごい感動しました。


ずっと、どこかふわふわしてた自分だったけど、地に足がついた感じ。


気づきそうで、気づかなかった事に、
気がつくチャンスを与えてもらえた、そんな本。


医療や医学に関する想いが一旦ぶっ飛び、再構築された。


そもそもの人の心と身体について書かれてた。

全ては、名前がついてて、ジャンルが別けられて区切られて分かりやすいようにしてあるけど、そうでなくて全部は繋がっていて一つが全体であること。


病気の治療は、取り除くだけのものではなくて、身体全体の調和を取り戻していく事。


ひとつひとつの名前のついた臓器は全て繋がっていて全部でひとつなこと。


その全部が、意識、無意識含めて調和し合い、人が生きてる事はそれだけで奇跡だということ。


一つのものを追求してくと、全ては、同じものに到達すること。


医療もアートも同じであること!


本の中は、丁寧に優しく、愛に溢れかえっていました。


この本を書いた人は超人だ!やばい!魔法使いだ!!!!!

もっとこの人の世界を知りたいと思って、色々な対談やお話しをYouTubeからネットから読みまくりました。


心臓のお医者さんでありながら、アートや音楽や伝統芸能、登山、食に関しても全部に精通していて、自ら“能”もやっているそう!!

人生に時間が足りなすぎるとか言ってる自分が恥ずかしい。。


そんな稲葉さんに、まさかの自分の作った作品集を通してお会いする事ができました。

あの作品集は小さな奇跡を幾つもおこしてくれています。


もう3年くらい前に、自分含め、家族や、身近の人が、そしてチワワのりーやんもが、続々と入院しました。


時間がストップしてしまったかのように何もできない時間が流れました。
ものすんごい考えてました。
何もできない事に、ただただ悔しい気持ちと、失いかける絶望と。


病気って何だろう、どうしてなるんだろう、命は、死んでしまうんだ、本当にだ。

と、何度も何度もぐるぐるになって、真っ白な病室のように頭が真っ白になってたな。

控えてた展示も初めてキャンセルして。


だけど、ちょっとずつ全部が良い方にいって、なんとかみんな元の生活に戻った。 


病院の真っ白で、無機質で苦手すぎる事と、医者の手仕事の凄さに改めて気づかされたのと。
自分の手仕事がどんなに頑張ったって、病気は治せないって、がっくりしちゃった事とか。


そしてこの夏に、あの本が来てくれました。
なんと勇気がわいたことか!



アートは、治療にもなる、身体も元気に良くするって書いてあったし、自分の理想とする世界があった!見つけた!



稲葉さんの本、世界に訳されて広まってほしい!


赤が印象的な、どしっとドキッとした装丁。(装丁のデザインも稲葉さんご自身でされてます。)

あれは、血液の色と、ハートと、愛に溢れた特別な赤色なのだと思いました。




久方ぶりの興奮冷めぬ、長文ブログ。笑
また、続きかきます。


実は、先月に行ったベトナムは、建築家髙橋一平さん達と一緒に行ってきたのです。それは、また続きブログで。


お盆、真っ只中。
お盆の、あの特徴的なぼんぼりの飾り、線香の香り、先祖を想う時。

昔あって今日がある奇跡に、麦茶で乾杯したいですね。

稲葉さんのお土産の西郷どんと、髙橋さんのお土産の鳩サブレーが並んだ日。


稲葉さん著書の、“ひとのこころ と からだ  いのちを呼びさますもの”

2018/08/08

毎日干し野菜

とてもキュートな、ピンクの馬の(マイリトルポニーみたいな)ちいさなフィギュアをGETしました! (惜しい、夢の中で!!)

アンティークショップで、3つくらい古いおもちゃが入ってるお楽しみパックみたいなやつ。

3つ買おうと決めて、すっごい時間かけてすっごい悩みに悩んで決めたのに。
買ったのに!ゲットしたのに!


夢だった。。。


またこのパターンだった。。


夢から覚めると、不思議なくらい砂時計みたいに忘れて大半消えてってしまう。


フィギュアの他に、エスパーマミがテレポーテーション時に使うハートのキラキラしたやつみたいなものや、他にもすごいそそるグッズが沢山あったのに、夢から覚めた瞬間全部忘れてしまた。、


全部何かに持っていかれてしまった。


あの馬のフィギュアだけでも絵にできそうだから描こうかな。


音も良く夢をみてるみたいで、夢の話をしてくるけど、夢は、夢で認識していて、眠ってる時にみてるものって4歳でもう分かってる。

何歳から知ってたのかな。


だけど、自分がみた夢にママが出てくると、出てきた人とは同じ夢を共有してると思っているらしく、
“昨日は夢で壁からお化けが出てきて大変だったよね~”、と言う笑

何とかに追いかけられて怖かったね~!!とか、不吉な夢ばっかり見ている音吉、4歳。
壁からお化け出てきたら泣いちゃう、

怖い、、。
(|||´Д`)



最近は、へビー干し野菜ローテーション!

干しては瓶につめ、干しては瓶につめつめ。
干し野菜って何と楽しい行事!
実験室みたく瓶がふえてゆく。

3日くらい天日で野菜やキノコを干します。
そうすると、すっごいちいちゃくなって、カピカピになります。
それも面白いし、料理に使って水に戻すと、また元の大きさになる!

リアル・スモールライト!自由自在!

しかも、旨味増し増しの、栄養価増し増しで、保存できて、沢山買ってきても腐らせず、サイコーじゃん!!!


もう、もっぱら野菜干しラー!やめられない。


こんな素晴らしい技術はない!


良かったらやってみてください。
干し野菜のオススメ。


野菜だけでなく、太陽のもとに干す!のが大好きで、布団もすぐ干してしまいます。
天日干し、おてんとうさま、お布団がふわふわになるって思っただけで、すぐ干す!!やたら、干す!


だけど、干してた事をすぐ忘れる!!!!

そして天気予報をチェックする習性が、ない!!

一昨日だって、まさか、雨が降るだなんて誰が予想するの。夏絶好調だったのに。。

2階に干してた布団をすっかり忘れ果て、ずぶ濡れに。
めちゃめちゃかわいそうな事に。。。
ずぶ濡れの布団、絶望の極み。


何とか、夢も布団干した事も覚えていたいものだと思う今日この頃。

あと、天気予報をチェックできる人になってみたい。
雨を察知したい!


今日台風くるみたいだから、ちゃんと気にしていたい!!

こちらが噂の干し野菜。
ズッキーニとか、しめじ、えのき、しいたけ、にんじん、なすエリンギ。